magaminの雑記ブログ

カテゴリ:純文読書日記 > 吉田松陰

私は、プラトンの言説が西洋の価値観を傾け、あのように西洋を巨大にしたのだと考えている。プラトンを読んですごいとは思うけれど、自分はヨーロッパ人ではないからプラトンの言説がこの世界を傾けたなんていう実感はない。日本もまがりなりに先進国として、近代以降の世界の中で戦ってきた。日本をここまで押し上げたものは何なのか。日本にも、その世界観を傾けるような強力な言説があったはずだ。   

日本史上、最大のイデオローグは吉田松陰だろう。吉田松陰の高杉晋作への手紙にこのような言葉がある。    

「死は好むべきにあらず、また憎むべきにもあらず。 道尽き心安んずる、即ちこれ死処。世に身生きて、心死する者あり。身滅びて魂存する者あり。 心死すれば生くるも益なし。魂存すれば亡ぶるも損なきなり。  
死して不朽の見込みあらばいつでも死ぬべし。生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし」

これを読んだ高杉晋作の魂の震えまで伝わってくるような、まさに圧倒的な迫力だ。吉田松陰も、全くの無根拠からこの境地に到達したわけではない。この吉田松陰の言説に対応する孟子の言説がある。告子章句上10の孟子を私の現代語訳で以下に紹介する。   

「孟子は言う。生きるということも私が望むところであり、正義というのも私が望むところだ。二つのものを兼ねることができないのなら、生を捨てて義をとろう。生きるということも、私の望むところだけれども、それよりも大事なことがある。かりそめに生きていればいいというわけではない。死もまた私の憎むところであるが、死よりも大事なことがある。ためらった時、卑怯者という心の声に従わなくてはならない時がある。もし生きるということより大事なことがないのなら、生きるためだけのために何でもやるようになるだろう。死ぬことが最も恐ろしいことであるのなら、死なないために何でもやるようになるだろう。しかし人は、こうすれば命が助かるといっても、敢えて拒否することもあるし、このままでは死ぬという時も敢えてまっすぐ道を歩く時もある。だから、生きることより大事なことはあるし、死ぬことより憎むべきことはある。人はみな同じだ。英雄だけが生死の執着を越えた特別な能力を与えられているわけではない」    

これが世界を傾ける言説だ。私の稚拙な訳で申し訳ない。原文は100倍すばらしいよ。

吉田松陰が孟子の言葉を自分なりに練り上げて、高杉晋作に手紙を書いたのは明らかだろう。しかしこれで、吉田松陰の価値が減ずるなどというものでは全くない。吉田松陰も高杉晋作も、幕末のあの時点で、3000年の東アジアの歴史の積み重ねによって遙か高みに持ち上げられたということだろう。吉田松陰が命を賭して、孟子を信じ崖の向こうに飛び降りた。今この日本があるということは、崖の向こうに確固たる孟子があったということだろう。


私は、プラトンの言説が西洋の価値観を傾け、あのように巨大にしたのだと考えている。プラトンを読んですごいとは思うけれど、自分はヨーロッパ人ではないから、プラトンの言説がこの世界を傾けたなんていう実感はない。日本もまがりなりに先進国として、近代以降の世界の中で戦ってきた。日本をここまで押し上げたものは何なのか。日本にも、その世界観を傾けるような強力な言説があったはずだ。   
日本史上、最大のイデオローグは吉田松陰だろう。吉田松陰の高杉晋作への手紙にこのような言葉がある。    

死は好むべきにあらず、また憎むべきにもあらず。
道尽き心安んずる、即ちこれ死処。世に身生きて、心死する者あり。身滅びて魂存する者あり。
心死すれば生くるも益なし。魂存すれば亡ぶるも損なきなり。  
死して不朽の見込みあらばいつでも死ぬべし。生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし   

 これを読んだ高杉晋作の魂の震えまで伝わってくるような、まさに圧倒的な迫力だ。吉田松陰も、全くの無からこの境地に到達したわけではない。この吉田松陰の言説に対応する孟子の言説がある。告子章句上10の孟子を私の現代語訳で以下に紹介する。   

「孟子は言う。生きるということも私が望むところであり、正義というのも私が望むところだ。二つのものを兼ねることができないのなら、生を捨てて義をとろう。生きるということも、私の望むところだけれども、それよりも大事なことがある。かりそめに生きていればいいというわけではない。死もまた私の憎むところであるが、死よりも大事なことがある。ためらった時、卑怯者という心の声に従わなくてはならない時がある。もし生きるということより大事なことがないのなら、生きるためだけのために何でもやるようになるだろう。死ぬことが最も恐ろしいことであるのなら、死なないために何でもやるようになるだろう。しかし人は、こうすれば命が助かるといっても、敢えて拒否することもあるし、このままでは死ぬという時も敢えてまっすぐ道を歩く時もある。だから、生きることより大事なことはあるし、死ぬことより憎むべきことはある。人はみな同じだ。英雄だけが生死の執着を越えた特別な能力を与えられているわけではない」    

これが世界を傾ける言説だ。私の稚拙な訳で申し訳ない。原文は100倍すばらしいよ。   
 吉田松陰が孟子の言葉を自分なりに練り上げて、高杉晋作に手紙を書いたのは明らかだろう。しかしこれで、吉田松陰の価値が減ずるなどというものでは全くない。吉田松陰も高杉晋作も、幕末のあの時点で、3000年の東アジアの歴史の積み重ねによって遙か高みに持ち上げられたということだろう。吉田松陰が命を賭して、孟子を信じ崖の向こうに飛び降りた。今この日本があるということは、崖の向こうに確固たる孟子があったということだろう。

小説、物語、文学ってどう違うのかって考えてみた。昨日、近代以降の精神世界は二層構造になっていて、上層部は様々な事象が意味として秩序付けられていて、下層部は様々な事象が基本的にばらばらに存在しているって書いた。これを利用して、小説、物語、文学の違いを説明してみる。   小説とは、人間意識の上層部に成立する言説集合だろう。小説の登場人物たちは、社会の価値の傾きに従って、話し、行動し、対決する。合理的推論が支配する世界。これは大衆小説も純文学も変わらない。純文学だからといって、純文学に合理的推論より高尚な理論があるわけではない。  物語とは、人間意識の下層部に成立する言論集合だ。この下層部では、様々な事象がばらばらに存在していて、どの事象同士がつながるかというのは合理的必然的には決定されない。これが夢だったりするととんでもない事象同士がつながったりするのだけれど、物語においては、歴史的に決定された事象の組み合わせということになる。例えば日本では、春、桜、花見、という繋がりがあるわけだ。さらに例えをだせば、金閣寺なんかも、金閣寺それたけで美しいというものではない。金閣寺にまつわる歴史をいろいろ知って、その上でじっくり金閣寺を見ると、なんとなく美しいような気がしてくるとか、まあそのようなものだ。このように歴史的恣意的につなげられた事象の言説集合が物語だ。  森鴎外のヰタ・セクスアリスなんかは小説だけれども、後年の時代物は物語で、一人の作家でも小説と物語を使い分けるということはありえる。  では文学とはなんだろうか。  文学とは小説や物語を越えた、最も力強い言説としての何かだ。私はあえて文学のハードルを上げた。クソつまらない言説を文学といって欲しくない。さらにいえば、文学とは歴史的に物語世界から小説世界を離陸させた原動力であり、すなわち小説の起源であり、物語世界と小説世界の二つを併せ持つ強力な言説集合だ。  果たしてそのようなものが存在するのだろうかと不思議に思うだろう。  誰にも負けない強い力を僕は一つだけ持つ。  日本の場合、唯一の文学は吉田松陰の「講孟箚記」だと私は断言する。これ以外にはちょっと考えられない。講孟箚記の迫力というのははんぱないよ。「講孟箚記」には桜も金閣寺も美人も探偵も出てこないし、大団円もないし殺人事件も起きない。でもそんなことどうでもいことだよね。

孟子の根本思想は、「性善説」だ。性善説とは、人間は基本善だというもので、まあ言葉そのまま。人間の根本は善だといっても、にわかにはそんなことを信じられない人も多いだろう。悪い人もいそうだし、そもそもアイツなんて何考えてるか分からないよね、みたいなことはある。そんなものをすべて突き抜けて、人間とは善であると確信することが性善説であり、これを言うといいすぎかもしれないが、「リベラル」であるというこになると思う。  孟子の性善説は、孟子という書物の「告子章句上」というところで語られていて、吉田松陰がこの告子上句上にどのような箚記をあらわしたかというのは非常に興味深いところだ。  実際に興味深いところを書き抜いてみよう。  時は幕末で、ペリー来航の直後だ。「今いかなる田夫野郎といえども、夷てきの軽侮を見て憤懣切歯せざるはなし。これ性善なり。幕府の老中奉行より、皆身をもって国に殉じ夷てきを掃討するの処置なきはなんぞや」  ここには論理の飛躍がある。なぜ攘夷が性善なのか。   この飛躍を埋めるためには、当時の日本の置かれたギリギリの状況を考える必要がある。ヨーロッパ文明は南北アメリカ、北アフリカ、インドと植民地化しながら、19世紀初頭にアヘン戦争で中国侵略の糸口をつかむところまで来ていた。日本とは全くの風前の灯状態だった。このような認識を吉田松陰が持ったとして、その認識は正しい。この正しい世界認識によって、攘夷と性善の概念が重なるということはありえると思う。実際にどのように攘夷と性善とが重なったかというとを論証するということは、正直私程度の知識程度では難しい。  ただただ思うのは、性善説というものが日本を一体化するのに力があったということ。ヨーロッパが植民地にしやすい地域というのは、一体性がない地域ではあったろう。個別で抵抗されるより、集団で抵抗される方が侵略者としてはきついだろう。日本が江戸末期、植民地化を免れたのは、世界の他の地域より集団で抵抗したからだ。では日本を集団たらしめたものは何かというと、まあ天皇とか歴史とか事象としてはいろいろあるだろうが、思想としては性善説だよね。この性善説が江戸中期以降、武士においては葉隠れ、庶民においては通俗道徳として、日本の一体感を徐々に高めてきたのだと思う。吉田松陰とは幕末に現れた日本の一体感を高めるところの、最大のイデオローグだ。  幕末は今につながっている。性善説は日本を一つにしている思想だ。嘘だと思うなら周りを注意深く見渡してみればいい。  何らかの価値の序列というものが世界観というものを形成する。日本という世界観を形成したところの価値の序列をもたらした思想。  その思想をもたらした性善説。  その性善説と尊皇攘夷、うーん、重なってきたと言えないかな。  ここまで来ると恐ろしい話でね、ちょっと「正義」とは何かを考えてみよう。正義とは価値の序列の存在するところにしか存在しない。性善説がだよ、日本の価値を秩序付けたとしたらどうだろう。それは性善説は正義だなんていう言説に帰着するだろうか。違うな。性善説は正義として絶えずエネルギーを提供される側に回るだろう。吉田松陰のいう「やむにやまれぬ大和魂」とはこれだろう。   うーん、ここまでいろいろ書いてみて思うのは、まあ奇妙なものに振り回されるのはゴメンだけれど、性善説というよさげなものに振り回されるのなら、それはそれで悪くないのではないかなということ。   どうでしょう、この結論じみたもの。

吉田松陰の講孟箚記(こうもうさっき)とは、日本史上最も熱いヤツが中国史上最も熱いヤツを論じたみたいな本で、全くのところ奇跡的な取り合わせのなせる業だ。嘘だと思うなら、一回読んでみればいい。  講孟箚記では、孟子を論じるわけなんだけれども、まず孟子の話をしよう。  この近代日本社会というのは、なんだかんだ疲れる社会だ。仕事をして頑張らなくてはいけないし、結婚して子供をつくってというのが奨励される。出来る男は賞賛され、ダメなニーとはクズ扱いだ。世界は何らかの力によって傾けられている。この世界が何によって傾けられたかというと、ざっくりいってしまえば孟子の言説によってだと思う。  ここまで断言してしまうと、言いすぎというか頭おかしい感じだとは思うけれども、いろいろ調べてみて、孟子が近代日本の価値を整除し、近代日本世界をまあなんと言うか傾けたというか、そう私に判断させる。  孟子の中心概念は、性善説だ。人間の性質が善であるか悪であるか善も悪もないかなんていうことは一見合理的には判断できないように考えられるが、これを巧妙なやり方で性善説に導くのが孟子であり、それはトータルで考えて正しいとしか判断しようがないものだ。  性善説は何故正しいと判断されるのか、まあこのあたりを吉田松陰と共に考えていこうというのが、講孟箚記なわけだ。  こんな世界だから疲れるということもありえる。ここは天国というわけではないけど地獄というわけでもないから。人間を性善だと信じることが出来ずに疲れて、人間は性善ではないから自分は諦めて疲れたのか、自分が疲れて人間を性善ではないと判断してしまうところに追い詰められたのか、もう分からなくなって疲れてしまうということだってある。しかしね、そんな小市民的なうじうじしたぬるま湯を越え、何らかの実体を確信するものの魂のインパクト、これが吉田松陰の講孟箚記だと思う。  明日からなんだけど、孟子の告子編とそれに対応する吉田松蔭の講孟箚記とを詳細に見ていこうと思う。

私は46歳で、高1と小1の娘がいる。娘というのは全く可愛くてたまらない。  高1の娘は小3まで一緒にお風呂に入ってくれたんだけど、家に遊びに来た友達の前で、この子はパパとお風呂に入ってくれるんだよ、なんて言ってしまった。それから長女はパパとお風呂に入ってくれなくなったという。いや、この間違いを次女で繰り返してはいけないと心に誓っている。  次女と一緒に寝ると、この季節本当に暖かいし、なんだか子猫ちゃんの匂いがしてすごくいい。なんなのあれ、なんなのあの匂い。 今、結婚しない子供もいらないなんていう男も多いけど、そんなのマジョリティーにはならない。結婚しにくい社会になってきたとは思うけれど、この社会の行き着く先が結婚しない社会であるとは思わない。  あの、娘の存在の迫力には人間存在を駆り立てるものがある。  ドストエフスキーは「自分の事が好きな人は子供好きだ」と書いている。自分が好きで、好きな女を見つけて、子供をつくるというのは、社会がどうとかなんていうレベルを超えた、まあこんなことをいうとなんだけど 「真理」 みたいなものだと思う。

吉田松陰の講孟箚記から、松蔭は気合の人だと思っていましたが、幽囚録を読んで考えが変わりました。かなりのリアリストです。
そもそも激情の尊王派である松蔭が海外に密航を企てるなんて一貫していないなとは思っていたのです。

私のざっくり翻訳を使います。幽囚録のなかで松蔭は、
「日本が統一的力を発揮した後で、まず北海道を開拓し、沖縄を完全に日本領にし、ロシアの隙に乗じて樺太を奪い、朝鮮を植民地にし、北は満州の地を割き、南は台湾および南方の諸島を領し、じりじりと日本の勢いなるものを世界に示すべきだ。その後に人民を愛し道徳を盛んにし、慎んで国の辺境を守れば、偉大な日本を世界に示す事ができる」
といいます。
この部分どうでしょうか?  松蔭は侵略戦争を推奨していたのかなんていうつまらない事を言わないでください。これはある種の預言ですよ。明治国家のその後の歩みそのままです。大日本帝国は満州までで慎む事ができなかったということになります。

松蔭の幽囚録の後半は、日本古代の天皇がどれだけすばらしかったかみたいな日本書紀の抜粋になります。ここにいたって、松蔭は日中戦争以降の日本の皇国史観そしてその崩壊までイメージできていたかのような幽囚録の構成になっています。

松蔭の時代において、世界は弱肉強食です。インドやインカの歴史を見ればそれは明らかです。松蔭も言っていますが、手をこまねいて座してそのままでいれば国を維持するのは不可能であるというのは歴史の現実であったでしょう。尊皇攘夷の狂人だとか、単なるテロリストだとか松蔭を批判するのは簡単です。しかし、守られた現代から松蔭を批判する事はガキの論理です。この透徹した松蔭の歴史感覚には驚かざるを得ない。

「孟子」騰文公下第33章。

漢文の読み下し文というのは日本独特のものでしょうが、硬骨な感じがいいですよね。

斉人に一妻一妾にして、室に居る者あり。
斉の国に一人の妻と一人の妾をもった人がいた。

この現代文は私が勝手に訳しているのですが、これは誰が訳しても、村上春樹が訳したとしても、漢文の引き締まった感じにはかなわないと思います。

旦那はまずまずのお金を家に持って帰るのです。旦那は家で自慢するのですよ、
「俺って会社で頼りにされちゃって」
しかし妻は家に旦那の上司や部下が遊びに来た事がないのを不思議に思って、旦那が会社でどんな風に働いているのかこっそり見に行く事にしました。

而(しか)れども未だかつて顕者の来ることあらず。吾まさに良人のゆく所をうかがわんとす。

漢文で書くと、妻のげすい行動も許せちゃう気になってきます。

会社での旦那の様子を、妻はこっそり覗き見します。旦那は家ではえらそうな事を言っているのに、会社では誰にも相手にされてない風で全く情けない限り。これが真実の旦那の姿だったのです。妻は家に帰って妾に愚痴るのです。
「あの人があんなに情けない人だとは思わなかった」
と。妻と妾はお互い抱き合って、旦那の情けなさを嘆いていました。
そこに何も知らない旦那が返ってきていつものように言うのです。
「きょうも俺、会社のみんなに頼りにされちゃってさー・・・」

而るに良人は未だこれを知らざるなり。施施(しし)として外より来り、その妻妾に驕れり。

孟子を現代風に訳してみました。今でもありえる話です。
この話に孟子は寸評を加えるのです。

「君子から見れば、お金や出世を求めてあくせくする人間なんていうのは、この妻妾のように抱き合って泣かずにはいられないようなものだ」

すばらしい切れ味。
孟子、うまいこと言いますね。

「孟子」離婁(りろう)上第4章を考えてみます。

   反(かえ)りて諸(これ)を己に求む

この意味は、まあ何か自分に不都合な事が起こったときにまず自分に欠点があったのではないかと反省してみる、ということです。

当たり前であるけれど、難しい。
  反りて諸を己に求む
いい言葉です。吉田松陰も
「この言葉は全てが帰着する言葉である」
と言っています。反りて諸を己に求むを略して、
「反求」
とまで言っています。

私の勤めている会社の社長が、ある日携帯の充電を失敗したのです。
社長が言うには、
「携帯使えなくて困ったよ。充電したつもりだったんだけど、充電器がいかれてたんだな。充電器が悪いんだよ。なんなんだあの充電器」
充電器が悪いってなんなの? 自分が管理している充電器なんじゃないの? 社長は吉田松陰を読んだ方がいい。「反求」ですよ。でもまさか社長に松蔭読めとはいえないです。私もそれくらいの空気は読めるのです。反求を社長が自分で悟るように話を持っていていってみましょう。

私は、
「充電できなかったのが充電器の責任だと言うのなら、社長には悩みなんかないんじゃないですか? 悪いのは全部充電器なんですから」
社長
「そうなんだよ。ウチの家内に、あんたは責任感がないってよく言われるんだよ」
私、
「社長は悩みがなくて幸せですよ。まあ、悩みがあるとすれば、世界がなんで自分の思い通りにならないのか?ということ位ですね。そこまでいくと悩みと言うか病気ですけど」
社長
「magamin君うまいこと言うねえー。ハッハッハ」

全くダメ。玉砕。救いようがない。孟子読んでも無駄。

孟子は騰文公章句第9章で、楊子、墨子をを批判します。楊子は個人主義を、墨子は博愛主義を主張していたようです。
個人主義と博愛主義の組み合わせ。これを現代的に言えば「民主主義」ということになるのではないでしょうか。
では、孟子はこの民主主義のなにを批判したのでしょうか。

「楊子は我が為にす、これ君を無(なみ)するなり」
楊子は個人主義だから、君臣関係を無視するものである。

「墨子は兼愛す、これ父を無(なみ)するなり」
墨子は博愛主義だから、親子関係の道徳を破壊するものである。

民主主義の精神は道徳のヒエラルキーを破壊します。これは現代において極めて分かりやすい話です。昔の父親というものは今よりも権威があったなんていうことは、多くの父親が感じる事です。楊子、墨子は民主主義の精神を推奨します。孟子は道徳のヒエラルキーを推奨します。2300年前、中国春秋戦国時代、百家争鳴。ワクワクします。

この議論に対する吉田松陰の箚記はどうなっているでしょうか。


松蔭は「初一念」つまり、物事を始める時の最初の志が重要だ、と言います。初一念にもいろいろあって、道義を得ようとするものは上、名誉利益を得ようとするものは下だそうです。
孟子と松蔭との話のつながりが、いまいち明確ではないのですが、おそらく松蔭は、初一念からそれを意志の力でコントロールして、心を民主主義ではなく道徳主義の道へ進ませるべきだ、と言っているのでしょう。

松蔭に言わせれば、現代の日本は下の下です。まず名誉利益を得ようとする、その初一念が下。その初一念のもと努力して立身出世したその結果が下。すなわち下の下です。



孟子における資本主義と道徳主義の優劣比較の話の後で、松蔭はなぜ「初一念」の箚記を記したのでしょうか。
私が考えるに、個々の人間がその社会で何故政治的に中道や左右に分かれるのかという、松蔭の教育者としての疑問の結果ではないでしょうか。

ここに松蔭の凄みを感じます。
私は今まで、リベラルや保守については考えたことはありますが、人間の根源の中にある何がその人間をリベラルや保守に導いているのか、そんなこと考えたことはないです。

金持ちに生まれたら保守で、ドキュンの家に生まれたらドキュン。ああ、そんな答えはダメ。思考力ゼロ。もっと考えるときは、人間の魂に寄り添わないと。その点で、松蔭の「初一念」理論は斬新でかなりいいところまでいっているのではないでしょうか。

私の論理が理解できた方は
にほんブログ村 を押してもらえますか?

このページのトップヘ