magaminの雑記ブログ

カテゴリ: 雑話





もう30年以上前です。私は、中高一貫の全寮制の学校に行っていました。えらく厳しい学校で、飲酒、喫煙、カンニングは即日退学という。
さらにとんでもないド田舎に立地していて、ローカル線の駅まで歩いて30分、電車も30分に1本というレベルです。

中学二年の時に同級生が自殺したんですよね。30分に1本しか来ない電車に飛び込んで。

自殺した理由と言うのが、寮で飲酒をしたという疑いがかかったからということでした。彼の父親というのが、すごく厳しそうな感じでした。
まず間違いなく、自殺した彼は、自分の小さな罪が父親に知られてしまうのを恐れたのでしょう。

当時はとてもショックで。
葬式にも行きました。死んだ彼には妹が2人いてね、小さい方の妹は5歳ぐらいで、

「おにいちゃんはいつ帰ってくるの?」

なんておねえちゃんに聞いていました。今でもその情景が忘れられないです。

同窓会にも行くのですが、彼の話は出ないです。みんな忘れているというのではなく、この話はタブーみたいになっているのです。

この前、昔の友達からメールが来て、

「高校を卒業しても、あいつが死んだ現場に毎年行っていた」

と書いてありました。

「10年ほど行っていて、ある日風のざわめきにまぎれて、もう来なくていいよという声が聞こえた。だからそれ以来あの現場には行っていない」

さらにこうありました。

「精神分析学の用語でサバイバーズギルト、生き残ったものの引け目というのがある。アウシュビッツのいきのこりにこのトラウマが多発しているのは有名だ。僕らを支配しているのはこの、生き残ったものの引け目、だとおもう」

ああ、そうだろうなと思う。
生き残ったものの引け目か。

同級生が自殺して、僕らは「生き残った引け目」を抱えてしまいました。私たちはあの全寮制の、奇妙で狭い枠組みの中で6年間生活していました。

アイツは中学2年の時に自殺して、いまだにあの時の同級生達に語りかけている。

「僕達はあの時みっしりと生活していたよね」


関連記事/
死んだ父親について
死んだ母親について
死んだクラスメートについて
結婚した妹について
お名前.com









私の職場には中島さんという72歳のおじいさんがいます。私の父親は20年前に死んだのですが、生きていれば中島さんと同じ年齢です。

中島さんは記憶力がすばらしく、昔の話を私にいろいろしてくれます。職場の他の人は、おじいさんの昔話なんてめんどくさがって聞こうとしないのですが、私は昔話というのが大好きなのです。特に好きなのが中島さんの父親と母親の話です。中島さんは昭和18年生まれですから、その父親と母親は戦前の昭和が自分の時代だったのです。

戦前戦後の東京の政治家に中島守利(1877-1952 )という人がいました。中島さんの母親は学校を卒業した後、その中島守利先生の家で住み込みの女中をしていたそうです。先生の家はとても大きくて、何人も女中さんが居ました。中島さんの母親は春から働き始めたので、ニックネームは「ハル」でした。
女性のグループが二文字のニックネームをつけて呼びあうのは戦前からある事なのですね。
中島さんの父親は、戦前野菜の行商で生計を立てていました。中島守利先生宅は中島さんの父親の得意先だったそうです。

ああ、そこで二人は出会ったのですね。

中島さんの父親と母親は、戦後、家でよく中島守利先生の話をしました。中島守利先生とその奥様はとてもいい人たちで、中島さんの両親にとても親切にしてくれたそうですよ。

その後は、

中島守利は昭和9年、京成電車疑獄事件で有罪で議員失格。戦後二度衆議院当選。
中島さんの父親は昭和36年、肝硬変で死亡。
中島さんの母親は昭和40年大腸がんで死亡。

中島さんは現在、成人した子供が二人、血のつながった孫が4人、血のつながらない孫が2人です。

関連記事/底辺会社の現実 1
     底辺会社の現実 2


かに!カニ!蟹!<美味いカニの専門店> カニの浜海道





母親は仕事の忙しい人で、私と妹は子守のおばあちゃんみたいな人に、週末の土日預けられる生活をしていました。私と妹はそれぞれ預けられる先が異なっていて、妹は「バーバン」なる60代であろう女性の所に連れて行かれていました。

当時私の母親は、土曜日に小学校が昼で終わると、私と妹を車に乗せてそれぞれの子守のおばあちゃんの所に連れて行くのです。妹は週末にバーバンと一緒にいられることをすごく喜んでいるようでした。私にもよくバーバンのことを話してくれていました、うれしそうに。

すべては子供のころの思い出です。

今から20年前に父親が、15年前に母親が死にました。母親が死んだ時、妹は25歳くらいだったでしょう。実家に私一人で母親の死骸の傍にいたときに、妹が横浜から駆けつけてきて、死んだ母親を前にして涙をポロポロと流すのです。

ちょっと意外な感じがして。けっしてひどい母親だったわけではないですよ。ただ仕事が忙しい人で、家事はお手伝いさんを雇う、週末に子供は子守のおばあちゃんにマル投げという母親でしたから。母と娘の間の愛情が薄いということもあり得るかと思いまして。

葬式が終わった後、兄と妹二人きりになったときに、妹が私にこういうのです、

「お兄ちゃん、私が子供のころに預けられてたバーバンってさー、おじいちゃんのお妾さんだって知ってた? お母さんが私をバーバンに預ける時は、親戚中反対だったらしいよ。死んだおじいちゃんのお妾さんなんて、かかわりになりたいものじゃなんいじゃん。
お母さんは自分では十分な愛情を子供に与える事ができないと思って、私をバーバンの所に預けたのでしょう。娘に愛情を与えてくれそうな人が目の前にいた。結局そういうことだと思うの。

でも私はバーバンが大好きだった。

私はお母さんにありがとうって言いたいよ。バーバンの所に連れてきてくれてありがとうって言いたいよ」

いろんな愛があるのだなと思って。

おじいちゃんの愛、バーバンの愛、母親の愛、妹の愛。全ての愛がつながるという事があり得るという。


関連記事/お名前.com
死んだ父親について
死んだ母親について
死んだクラスメートについて
結婚した妹について







このページのトップヘ