magaminの雑記ブログ

カテゴリ: パチンコ

25年ほど前に存在した一発台の名機、バレリーナ。
                                      
一発台とは、こんなところにとても玉入んないだろうなんていう所にもし入れば一撃8000円という、まあそんな台。

このバレリーナは一発台風なのだけれど、玉が入って5分の1くらいの入賞確率のVゾーンに入って、さらに5分の1の確率の抽選があるという、似非一発台だった。今までの一発台は横のゲージに入れるだけでも大変だった。ところがバレリーナはどんどん入る。当たり前だ。最初の関門をクリアーしても、その先に25分の1の裁きの門が用意されているわけだから。そしてバレリーナの台自体には必勝法はない。


25年前、名古屋今池にパチンコフジというパチンコ屋があった。いまあるかどうか分からない。当時としてはかなり大きなパチンコ屋だったと思う。隣に「1100」というパチンコ屋があって、これは文字通り1100台のパチンコ台があるのが売りのパチンコ屋で、「1100」と「パチンコフジ」とはかなり熾烈な競争をしていた。


この「パチンコフジ」にバレリーナが20台ほど存在していた。そしてこの20台のしまに明らかに2台だけバレリーナ最後の抽選確率が2分の1の台が存在していた。おまけにこの高確率台がどれかというのが予測できたという。なんせバレリーナ20台のいくつかの台で定期的な持ち回り状態だったから。ここまで分かれば、負けようがない。半年で200万近く抜いたと思う。


普通に考えると、店側が裏ロムを使って2台ほど客寄せに使っていたということだと想像する。大きい店だったからその行為がルーティン化してしまったということだろう。今は辛いのだけれど、昔はこんなゆるい時代があったということだ。

昭和臭の残る時代だった。今の日本は先進国モードになって、ずるして儲けるというのは難しい。これがいいのか悪いのか




 


関連記事/

しょぼいパチンコ必勝法1 しょぼいパチンコ必勝法2 しょぼいパチンコ必勝法3
しょぼいパチンコ必勝法4 しょぼいパチンコ必勝法5 しょぼいパチンコ必勝法6











麻雀物語とは25年以上前の台だ。初めての液晶搭載セブン機だった。今は液晶パチンコ台なんて当たり前なのだけれど、25年前当時、あの麻雀物語の液晶は衝撃的だった。             

麻雀物語という台の特徴なんだけれど、保留玉連荘というちょっと今ではききなれないシステムだった。大当たりして玉を打っていると、自然と保留玉が4つたまるというのは今と同じなのだけれど、この保留玉4つの大当たり確率が高いというものだ。今で言うとST4回ということになるだろう。

私、ある時麻雀物語で大当たりした時に天井打ちをしたんだよね。そうするとなんだか連荘した。それから大当たりのときは天井打ちをすることにしたのだが、これもう明らかに連荘率が高くなっていた。天井打ちをすれば連荘率が上がるなんていうのはオカルトだとは思ったのだけれど、別に大当たりの時に天井打ちをしても損をするわけでもないので、そのままにしておいた。結局何十万かは勝ったと思う。

麻雀物語末期のころ、パチンコ雑誌に麻雀物語必勝法と言うのが載っていて、それによると大当たり時開放チャッカーに玉が入ったとき、その入った玉と玉との間隔が短いパターンが多いほど連荘しやすいという。ならばだよ、大当たり時に普通に打つよりも、天井打ちしたほうがいいよね。なぜなら普通に打てば左からのみチャッカーに入るが、天井打ちすれば左右両方から玉が入るから。

ただウィキには麻雀物語には必勝法はないと書いてあるし、なんせ25年以上前の事なので私の記憶も確実と言うわけでもない。ただ当時の私が、仮説が真実となるんだなんて奇妙な感動を覚えたことは事実だ。
では私の仮説が真実だとして、何のためにパチンコメーカーはそのようなプログラムを作ったのか?

それは誰かを儲けさせるためだろう。

誰が儲かったのかなんていうのはいまさらどうでもいいことなのだが、その儲けを誰が帳尻を合わせたのか? それは普通のパチンコファンだろう。パチンコはかなり期待値の低い博打だと思うけれども、その低い期待値をさらに下げるようなトラップがかなり存在するのではないだろうか。

これはあくまでも過去のある時点における私なりの推測だけれど。



 



関連記事/

しょぼいパチンコ必勝法1 しょぼいパチンコ必勝法2 しょぼいパチンコ必勝法3
しょぼいパチンコ必勝法4 しょぼいパチンコ必勝法5 しょぼいパチンコ必勝法6









もう20年ぐらい前か。あんたはえらいEXという機種があった。
                                

スペックは 突入率3分の1で3連荘が確定、大当り1回の出玉は2300個、確率は230分の1、というものだった。
当時は今のような等価交換無制限というのではなく、一玉4円買い2.2円交換、大当たりごとに交換、ただし3連荘を引けば無制限というものだった。今より条件が悪いように思われるかもしれないが、その分回ったんだよね。一回交換時代で大事だったことは、いかに無制限を引くか、無制限を引いた後はいかに粘るかということだった。


この、あんたはえらいEXという機種自体には必勝法はない。ただ私が通っていたパチンコ屋の15台ぐらいあった、あんたはえらいEXのしまに2台だけ明らかに3連荘のくる確率が高い台が存在した。

メーカー発表3連荘突入率は3分の一だったのだが、おそらくその2台は突入率2分の1だろうという感触だった。この高確率2台が2日ごとにチェンジする。だから私は、一日目は台をチェックして2日目に打つということを繰り返した。これは推測なのだけれども、パチンコ屋はおそらく裏ロムみたいなものを使っていたのではないかな。実際に4ヶ月ほどで150万弱は勝ったと思う。正規の確率では150万勝つというはありえないから、裏ロムではないかと推測しているだけ。
       

この「あんたはえらいEX」が好きなおばさんが2人いて、よく私のほうをチラチラ見ながらひそひそやっていた。当時私も人のことは言えなかったのだけれど、40歳過ぎのおばさんが平日の朝からパチンコって、それもたいして勝っているようにも見えないし、どうなっているのだろうと思っていた。最近その当時のパチンコ屋に行ってみた。そうしたら、あの2人のおばさんの片割れが、まだパチンコを打っていた。20年前はおばさんだったけれど、現在の彼女は老女だった。昔と同じように一心にパチンコ台を見つめていた。                            

「おばさん、ひさしぶり」                                  

なんて声をかけようと思ったけれど、もちろんそんなことはできない。

パチンコというのはただただ残酷だ。



 




関連記事/

しょぼいパチンコ必勝法1 しょぼいパチンコ必勝法2 しょぼいパチンコ必勝法3
しょぼいパチンコ必勝法4 しょぼいパチンコ必勝法5 しょぼいパチンコ必勝法6














ビッグシューターという羽ものがある。伝説の名機。 25年以上前からあるし、そこからバージョンチェンジを重ねて現在でも現役機がある。 
                                                      ビッグシューターで大事なことは、羽の拾った玉がどれだけ真ん中に寄るかということ。これは羽のバネの具合が弱い台をまず探すのだけれど、これを見つけただけでは勝てない。羽の具合の弱い台がさらに弱くなるのを何ヶ月か待つんだよね。
                                                           5年ぐらい前か、土曜日の仕事帰りに狙っていたビッグシューター台を打って見たらすごく具合がいい。いやこれはもうかなり熟成されていると判断して、翌日日曜日に朝一9時からビッグシューターを打ち始めた。実際その台の具合はカンペキだった。30分も打った時点で、これは一日3万発コースだと確信した。    

メシも食べずに夜9時まで12時間打ち続けて、28000発を積み上げた。箱を積みあげるタイプの店だとビッグシューターに20箱以上積み上げるわけだから目だってしょうがないところだったけれど、この店は玉数カウント方式を導入していたので、目立たなくてすんだ。目立たないと入っても、周りのオヤジ達は首をかしげながら私のほうをチラチラ見るし、店員には 
                                                 「この台でこんなに出した人は見たことがないです」 
                                  
なんて喋りかけられたりした。そのパチンコ屋は10時半まで営業なので、9時の時点で28000発だったから、閉店までやれば30000発越は確実だったろう。ただ12時間も無休で打ち続けて、目は朦朧とするし右腕は震え出すしで体力の限界だった。結果28000発で撤収して、その店は1発4円の等価交換ではなく3.6とかなので、98000円ほどの利益になったと思う。                                              

翌日、仕事帰りに昨日のパチンコ屋に寄ってみると、私のやっていたビッグシューターは電源が切られ「調整中」の札が貼られていた。昔のパチンコ屋はいい加減なところがあったけれど、今どきの店は一台一台玉の出方を管理しているのだなと思った。一週間ほど調整中の札が貼られていたのだが、調整なるのものが終わった後で、また同じそのビッグシューターを打ってみた。いやこれ釘を調整したというのではなく、その盤自体を交換していた。正直そこまでやるかと思ったね。まあ、個人的には満足だ。昔から好きだったビッグシューターを朝から晩まで手が震えるまでやって、あのパンパカパーンという大当たりの音楽を思う存分、こんなに聞いていいの?というくらい聴いたわけだから。                                                                                                                  

現代のパチンコはかなり管理されているはず。羽もので一日10万円出したら翌日は盤を変えようというのだから、管理しやすいCR機なら客がトータルで勝つなんていうことはありえないだろう。どこの職場にもパチンコ勝った自慢をする人がいると思うけれど、そういう人は残念だけれど心の弱い嘘つきだね。




 





関連記事/


しょぼいパチンコ必勝法1 しょぼいパチンコ必勝法2 しょぼいパチンコ必勝法3
しょぼいパチンコ必勝法4 しょぼいパチンコ必勝法5 しょぼいパチンコ必勝法6















今から16年ぐらい前か、ハイパーボールという羽ものが存在した。

普通の羽もので、チャッカーに玉が入ると羽が開いて羽が拾った玉が、役物の中のVゾーンに入れば大当たりと言うヤツ。ハイパーボールの役物は垂直に立った円盤状の下部にVゾーンの穴が開いていて、羽が開くとその円盤は時計回りに回転する。
                                                                                  簡単に言えば、羽が開くと右から左にVゾーンが移動するというもの。だから向かって左の羽で玉を拾うよりも向かって右の羽で玉を拾う方がはるかに有利。
右の羽で玉を拾えれば、玉は右から左に流れてVゾーンの移動彷徨と一致するから。
実際に天井打ちをして玉を左右にバラけさせるという打法が存在した。しかし、天井打ち程度ではハイパーボール必勝法とはいえない。ホールもそれにあわせて釘をきつめにしている。

このハイパーボールという台の欠陥品だったところは、右打ちしても釘の関係で右の羽が開いた場合羽が玉を拾える構造になっていたということ。                                                                                                                     

ハイパーボール必勝法とは、通常は普通に打っていてチャッカーに球が入った瞬間右打ちするというもの。これでだいたい1時間ちょっとで打ち止めにできた。

16年前のパチンコは今のように無制限というのではなく、羽ものなら4000発ほどで打ち止めということになっていた。時給で換算すると4000円ぐらいだったと思う。羽ものを打ち止めにすると、当時台の横に「打ち止め台」というステッカーが貼られた。打ち止めした本人はもうその台では打てない。私としてはそのほうがいい。私が打ち止めにした台を何も知らない人が打って、当たり前なのだけれど損をする。店は損をしないわけで、私は長く儲けることができるというわけだ。
半年ぐらいの期間このハイパーボールという台は設置されていて、トータルで150万ほどの利益になったと思う。
                                                                                            150万円というとすごいと思うかもしれないが、仕事帰りの夕方6時から9時まで、半年間時給4000円の残業をしていたと考えると、そうたいしてすごいわけでもない。
玉がチャッカーに入った瞬間右打ちしなくてはいけないわけだから、目は疲れるし右手首は痛くなるし、この技術が将来役に立つわけでもないしで、ばかばかしい感じはする。

まあパチンコというのは、負けるのは話にならないのだけれど、勝ってもばかばかしいという、ちょっと残念なところがある。



 



関連記事/

しょぼいパチンコ必勝法1 しょぼいパチンコ必勝法2 しょぼいパチンコ必勝法3
しょぼいパチンコ必勝法4 しょぼいパチンコ必勝法5 しょぼいパチンコ必勝法6















現在パチンコというのはほぼ勝てない。台もしっかり作ってあるし、店の監視も厳しい。

ただ10年ほど前までは、パチンコ必勝法というのは実際に存在した。

ここで大事なことは、その必勝法を自分で見つけるということ。サミー事件でも分かるように、人から聞いたパチンコ必勝法というのは、二日も打てば規制が入る。
今回は私が個人的に発見したいくつかのパチンコ台ごとの必勝法を紹介したいと思う。個人的な必勝法なので地味なのは勘弁して欲しい。
                                                                                                                                 一番直近で必勝法を見つけた台は「はね海物語」という台。海物語の羽ものバージョンだ。10年ぐらい前の台だね。羽ものなのに液晶がついているものだった。時給2000円程度の稼ぎになった。                   
この液晶というのが必勝法につながった。玉がはかまに入って羽が開くまで一定の時間があるのだけれど、液晶の画像によって羽の開くタイミングを計ることができた。
これは羽の開くタイミングで玉を打ち出せるというものではなく、玉がチャッカーに入って羽が開くまで、止めうちによって無駄玉を節約するというもの。

これはつまらない節約のようだけれども、トータルで時給2000円程度になる威力はあった。

普通にやっても、羽一回開放につき玉3発の節約になる。慣れてくれば4発。羽が20回開放で大当たり1回で1時間に8回大当たりするとする。では1時間で160回羽が開放することになる。
羽開放一回で4発節約なのだから、1時間で640発節約できる。1発4円だから1時間で2560円ということになる。

この「はね海物語」には保留玉制度まであって、節約打ちの効果が増強される。すなわちだらだら打つよりは1時間当たり3000円ほど効率がいいということになる。普通に打てば時給マイナス1000円なら、節約打ちをすれば時給2000円程度になるというわけ。                                                                                                      

この必勝法の難点は疲れるということなんだよね。なんせチャッカーに玉が入った瞬間、さらに言えば玉がチャッカーに入りそうになったら止めうちをしなくてはいけないわけだから。常時チャッカーを凝視していなくてはいけないという厳しさ。常人の集中力なら、2、3時間が限界だろう。そもそもパチンコで楽にもうけようなんてありえない。パチンコ屋だって生活する必要があるわけだから。胴元の上前をはねようというのだから、                                                                                 

そもそも時給2000円程度の必勝法なら、仕事でもした方がいいのではないかという意見はありえる。これは全くその通り。パチンコと言うのは結局頑張ったとしても、その程度のものだということ



 



関連記事/

しょぼいパチンコ必勝法1 しょぼいパチンコ必勝法2 しょぼいパチンコ必勝法3
しょぼいパチンコ必勝法4 しょぼいパチンコ必勝法5 しょぼいパチンコ必勝法6















パチンコが好きなんですよね。

さっき家を抜け出してパチンコ、打ってきましたー。「海」なんですけど。

大当たりが1回来たんですが、のまれて終わり。3000円のマイナスでした。

よくわからないままやっていたのではダメだと思って、ちょっと研究しようかなーと。

やってった台はというと、


               CRスーパー海物語IN沖縄4MTC

「海」の新しいヤツで、スーパー海物語IN沖縄4 です。

 

大当たり確率は1/319.6で確変率が60%、時短が100回ついています。

単発を引くなんて、今日はついてなかったんですね。

予告でウリンちゃんが出てきて当たったのです。

       

こんな感じでしたね。

でも単発でのまれておわり、トホホです。

あとは有馬記念で、

    レイデオロ ーオジュウチョウサン


       馬連  1-12




きてくれることを期待するしかないです。取り返していかないと。   





  関連記事/底辺会社シリーズ



magamin1029




















このページのトップヘ