magaminの雑記ブログ

カテゴリ: 相続税

相続税の申告というのは、個人でも十分できます。
さらに、相続税の自己申告は、故人との過去への旅であり、故人への供養にもなります。


相続税のポイント

1 自分は相続税を払うべきなのかについての知識

2 払うと決まったら、何を申告するべきなのかまず考える

3 親が亡くなった場合の実家とそれとは別の不動産の申告について

4 金融資産について

5 動産の場合

6 控除できるもの

これぐらいでしょうか。
税理士に頼んだらいくらかかるのでしょうか。
私、相続税の申告をしたことがあるのですが、税理士に頼んだら100万だという噂を聞いて自分で申告することにした経験があります。

1 自分は相続税を払うべきなのかについての知識

実はこれには知識はいりません。相続税を払いそうな人には、税務署から「相続税の申告のしおり」というのが送られてきます。相続税を払うというのは親が亡くなったという場合でしょうが、親がなくなってすぐ送られてきます。
税務署は日ごろから、相続税を払いそうな人をマークしているのです。ですから、このしおりが送られてこなければ、セーフということです。

ここからはちなみに、ということになるのですが、相続税の基礎控除は3000万です。これに被相続人が1人いるごとに600万加算されます。相続税を払うということは、必ず1人は被相続人がいるということですから、相続税を払わなくてはならない最低資産というのは3600万になります。

2 払うと決まったら、何を申告するべきなのかまず考える

普通、資産というのは土地と金融資産です。金融資産というのは、銀行預金とか株式とかです。これ以外のものは、ほぼ考えなくていいです。相続税の申告欄には「家財道具」とか、確かにあります。そんなものは適当に書いておけばいいのです。故人が使っていた机はいくらかとか、そんなことは誰にも分からないのです。
資産とは、土地と金融資産、これだけです。

3 親が亡くなった場合の、土地、実家の申告について

土地の相続税評価は固定資産税評価とは違います。相続税評価のための土地の値段地図みたいな本が税務署にあります。それを参照しながら相続した土地の値段を計算します。
簡単にできます。
分からなければ税務署員に聞けば教えてくれます。いまはネットでも調べることができます。
もし間違えて申告したとしても、悪意がなければ問題ありません。どこが間違えたのか、税務署から教えてくれます。その助言に従って素直に修正すればいいだけです。

相続するのが実家の場合なんですが、控除があります。すべての被相続人が実家住まい、もしくは持ち家を持っていない場合、200㎡まで控除です。200㎡といったらかなり広いですよ。

4 金融資産について

自己申告です。銀行にいくらあったとかの証明書のたぐいは必要ありません。怪しいと思えば、税務署が勝手に銀行を調べます。あと、実家にあった小銭とか、いちいち数える必要はないですよ。そんなことは誰にも分からないことなのです。

5 動産の場合

実家に高そうな壺や掛け軸があったりします。しかしよっぽど近隣に知れ渡った名品でない限りスルーでいいでしょう。だいたい、その壺や掛け軸は本当に価値のあるものなのでしょうか? そして税務署は何でも鑑定団ではありません。普通は家財5万円とか申告しておけばいいです。家財道具には価値がマイナス、捨てるのにお金がかかるなんていうものもいっぱいあるわけですから、差し引きで申告して十分です。

6 控除できるもの

実家が控除できるというのは書きました。他に何が控除できるかというと、葬式費用があります。坊主は領収書を出さないので、葬式費用も自己申告です。葬式に100万かかったら100万と書いて何の問題もありません。香典なのですが、香典総額なんていうものは数えた人しか分からないのです。
生命保険は控除できます。一人当たり1000万です。


これで終わりです。本当に大したことはないのです。十分ひとりでできます。税理士に頼んで相続税を節税とか言われますけど、土地と金融資産しか持たないような一般庶民には関係ないです。税理士費用を節約した方がよっぽどお得です。
税理士が吹っ掛けてくる相続税の申告費用って、かなり高いと思います。だいたい相続税の申告なんて、多くても一生に一度ぐらいしかやらないものですから。

あと、相続税の支払いは3カ月以内にキャッシュです。

関連記事/
    
     



役に立ったと思ったら楽天で何か買って
かに!カニ!蟹!<美味いカニの専門店> カニの浜海道


私のは母親は母親の父親(私の母方のおじいさんですな)が創った会社の常務をやっていました。


その会社をA物産としておきましょうか。もちろんしがない中小企業、どちらかというと中企業です。

                           無題


母親はそのA物産の株5パーセント、500円額面で1万株持っていたのです。相続税の申告において中小企業の株の評価というのは少し複雑なのです。被相続人が主要株主と認められたら時価評価、認められなければ無配の場合(大概の中小企業は無配だと思いますが)額面の二分の一です。


A物産の税理士に聞いたらですね、時価評価は正確に計算しなくては分からないのだけれども、だいたい一株2500円から3000円の間なんだそうですよ。1万株ですから、2500万から3000万ということになりますな。


土地と貯金の相続税評価額が1億なわけで、私がA物産の主要株主ということになれば、これが1億3000万になるんです。主要株主ということにならなければ1億250万です。


20年ほど前は、1億250万なら税金は400万ぐらいですが、これが1億3000万になると1000万ぐらいになります。そもそもですよ、相続財産の中身は売れない土地や株ばかりなわけで、税額が400万と1000万では負担が全然違ってきます。おまけに相続税というのは3ヵ月の間にキャッシュで一括払いなんですよ。


問題はですね、中小企業における主要株主とは何か?ということです。


主要株主とは、主要株主(同語反復で申し訳ないのですが)と認められた人から6親等以内の血族、もしくは3親等以内の姻族ということらしいです。同族会社に相続税を課税するための税務署なりの基準なんでしょう。


A物産の場合、主要株主というのは社長であり、、A物産の株の過半数を持つ母親の兄(私のおじさんということになります)です。おじさんというのは4親等の血族です。


このおじさんというのが母親が死ぬ3ヶ月前に死んでいるのです。死んだとは言っても、その子供(私のいとこになります。ちなみに5親等の血族です)は、A物産の部長で、父親が死んだ後、普通に考えればA物産もA物産の株もこいつのものでしょう。いとこは5親等の血族で、ちよっと足りないんだよなー。




おい、ちょっと待て




おじさんには奥さんがいただろう。私からすればおばさんになるこの人が、A物産の株を相続することだってありえるだろう。血のつながっていないおばさんは、6親等以内の血族でも3親等以内の姻族でもないぞ。


いとこに話を聞くと、A物産の株は誰が引き継ぐかまだ決まっていないんだそうだ。


大チャンスだよー。


税務署に行って、この話をしたのです。そうしたら、税務署の人はこういうのです。


「そういうことだろうと思いました。そのいとこっていう人はA物産で働いているのでしょう。うん、部長なんですか。あなたはA物産と関係なく、東京で働いているのですね。この税法はですね、株を持っていることで利益を得ている人に課税しようということなわけで、あなたは株を持っていることで利益を得ていない、こう言ってはなんですが、あなたのいとこは30歳?の若さで中小企業といえどもA物産の部長をしているのでしょう?立場が違います。うん、額面の半分の申告でいいのではないですか」


神様ありがとーーう。DANKE SCHOーーN


結局1億ちょいの金額で、相続税の申告をしました。税額430万でした。


税務署というのは銀行が巻いた100万の束の帯を切って、万札を数えるんですよ。


関連記事/底辺会社で働くこと


かに!カニ!蟹!<美味いカニの専門店> カニの浜海道








母親が死んだとき、保険金が1200万ありました。


保険金というのは相続財産ではないのです。被相続人の財産ということなわけです。だから相続放棄をしても保険金はもらえます。私の妹は家裁で相続放棄の手続きをしましたが保険金をもらいました。


ただし保険金というのは、相続税においてはみなし相続財産となって、税金がかかります。相続人一人当たり1000万控除です。しかしこれ、相続放棄をするとこの控除がなくなるんですよ。だから妹は1200万の半分600万に対して相続税を払いました。相続放棄をして相続税を払うというのも変な話なんですけど。


まあ、払うといっても、私が税務署に行って、私が払ったんですけどね。

        無題


私もいろいろ考えるんですよ。


私の保険金控除は1000万あるわけで、保険金が1200万なんだから、私が1000万で妹が200万ということにして、税金を節約できないかな、と考えたんですよ。税務署に聞きに行くと


保険金の支払い割合が前もって決められていたというのならいいのですが、そうではなくただ受取人の名前が並列されてある場合は相続税の申告は半分づつでお願いします。


といわれてしまいました。


税金を節約するというのは簡単ではないということなのでしょう。

関連記事/底辺会社で働くこと


かに!カニ!蟹!<美味いカニの専門店> カニの浜海道


 私、母親が死んだとき、相続税の申告書を自力で書いて税務署に提出しました。税理士に頼んだら100万かかると噂に聞いて、なら、一ヶ月かかろうが二ヶ月かかろうが自分でやったほうがいいんじゃねえの、と思ったわけです。


一緒に暮らしていたわけではなかったので、銀行の預金あたりから調べ始めました。三つの銀行にキャッシュで200万ありました。相続税の申告をするときには銀行の預金証明なんていうのは必要ないんです。

税務署の人に

「銀行の預金というのは自己申告でいいのですか」

と聞いたら、

「ええ、いいですよ。怪しいと思えばこちらから調べますから」

と言っていました。


        無題



母親は自宅を含め6箇所に土地を持ってました。近場は市役所に行って、固定資産税評価の写し見たいなものをもらって、遠い場所は土地の登記簿みたいなものを取り寄せました。

登記簿を見て、母親の生きてきた足取りみたいなものを感じるんですよ。親が若いときというのは、もちろん私達は子供なわけで、その時々の親の思いというのは、一緒に暮らしていたといっても、一体として体験しているわけではないんですよね。登記簿を見て、

「ああ、あの時この土地を買ったんだな」

とか、

「あの時に、こっちの土地を担保に入れたんだな」

とか、親の決断というか、思いというか、そんなものが登記簿からなんとなく実感として分かるような気がするのです。


土地の場所と広さと形が分かれば、税務署にその土地の相続税評価額はいくらいくら、という本があるんですよ。それを見て、土地の値段を出すんです。その評価額というのは時価よりも二割ぐらい高い感じでした。


ここまでで1億でした。相続税というのは、昔は基礎控除が6000万で、相続人一人当たり1000万プラスなんですよ。私、妹が一人いるので、相続税の控除は8000万ということで、相続税支払い確定です。


自宅の土地には控除があるんですよ。相続人が何年かの間一緒に住んでいたか、もしくは相続人と被相続人が別居してても、相続人に持ち家がなければ、自宅は200㎡まで控除です。ただしこの控除を受けると相続から1年間、自宅を売ることができないんですよ。


関連記事/底辺会社で働くこと


かに!カニ!蟹!<美味いカニの専門店> カニの浜海道



このページのトップヘ