magaminの雑記ブログ

カテゴリ: リベラル批判

イケハヤ氏のすごさというのは頭の回転の速さと瞬発力だろう。この力を100%発揮するために、こだわる心というのをギリギリまで排除している。
ブログをやるときは普通、書きたいことを書くという事になりがちなのだけれど、イケハヤ氏の場合は、儲かることを書く、注目されるだろうことを書くという、ある意味吹っ切れたところがある。

結果イケハヤ氏の書く内容というのは、いかに儲けるかの技術となり、文学的政治的内容というものはない。これはこれでかまわないだろう。しかし、顔出ししてあれだけ吹っ切れていたのでは、結果として政治的に危険なのではないかと思う。将来日本が経済的に行き詰った時、ルサンチマンの標的になりやすいし、本当の金持ちというのが、まずイケハヤ氏を盾にして身を隠すだろう、という事が推測される。

イケハヤ氏の主張というのは、お金を儲けるためには合理的なことは何でもしましょう、さらに言えば、お金を儲けるためには合理的なことは何でもしていいんだという事になる。
しかしこの主張は、憲法9条のために合理的なことなら何をしてもいい、民主主義のために合理的なことなら何をしてもいい、という左翼リベラルの主張と構造的には同じだ。

左翼リベラルには歴史の厚みがあるけれど、イケハヤ氏のサロンなるものにはそんな歴史はないだろうから、イケハヤ氏の世界というものは構造的に脆いだろうという事が推測される。


f2d5c7be-s (1)


イケハヤ氏のサロンの人的構成について考えてみる。
だいたい日本の人間構成というのは、10%の頭のいいヤツ、40パーセントのしっかりしたヤツ、40パーセントのだらしないヤツ、10%のチンピラ、というふうになっていると思う。
イケハヤ氏の主張というのは、機敏に継続的に頑張れるものはサラリーマンになるのではなく起業するべきだというもので、彼はそのことを繰り返し丁寧に発信している。その主張自体は非難されるべきものでもない。
しかし実際にイケハヤ氏のオンラインサロンに参加している人たちはどのような人たちなのだろうか。

サラリーマンのなかでも特に優秀な人はほっておいても独自のルートで起業を始めるだろう。仕事がきちっとできる者は、企業内でそれなりに評価されるので、起業のリスクをとる必要がない。そもそも日本の教育システムはきちんとサラリーマンができるかどうかを選別するシステムだから。結局、ちよっとだらしないヤツが、向いていないにもかかわらずサラリーマンとなり、自分を虐げられた社畜と判断し起業と簡単な儲け話にあこがれるということだろう。

頭の中で現実と理想がちょっと乖離してしまった人が、オンラインサロンに惹かれていく。そもそも事務職に向いていない人が事務職をやっていることが問題だ。


これ、サラリーマンがちゃんとできるという人は政治的にリベラルのポジションをとる。サラリーマンをちゃんとできないだろうという人は、共同体というものに愛着を抱くので保守のポジションをとる。しかしオンラインサロンというものに参加しようという人は、メンタルが保守なのに無理してリベラルのポジションを取ろうとしている。
もちろん全員がそうだというわけではない。地域発信のブログのPVを増やすために、そのテクニックをイケハヤ氏に学ぼうというのなら別に何の問題もない。
しかしそのような人は多数派だろうか? 

オンラインサロンというものは保守とリベラルのねじれの上にあって、心を蝕みやすいだろう。

そういやお腹すいた

関連記事

magamin1029

現在から戦後の言論を読み返してみると、リベラル勢力より保守のほうが言論のレベルが高いです。丸山真男よりも竹内好のほうが言葉の力を持ちます。

しかし戦後からソビエト崩壊までは冷戦時代であって、日本は自由主義陣営の一翼としてアメリカにベットするしかありませんでした。戦前のことを考えても意味がなかったのです。そんな時代においては、右翼はチンピラの戯言であって、左翼はインテリの言論遊戯でした。
それでよかったんですよね。冷戦という枠組みがあったから。とぼけたことを言っても、所詮は枠組みの中の言論であって、誰もが自らの言論に責任を持つ必要がありませんでした。

冷戦が終わって枠組みが外れてしまった。
1980年代には、すでに自由主義陣営の勝利は明らかでした。明らかだったのだけれど、一応ソ連というものは存在していたし、自由にやって経済が発展すれば、それはよりソ連を追い詰めることになるし、まあやりたいだけやっちゃえみたいなことになりました。右派は経済の自由を、左派は精神の自由を呼号しました。

バブル崩壊のあとのソ連解体。
自由主義陣営の勝利万歳みたいな感慨はありませんでした。だって自由主義陣営が勝つのは分かっていましたから。ソ連は末期、計画経済で疲弊して、商店に物が並ばないなんてことが、たびたび報道されたりしました。やっぱり計画経済より自由主義経済だよね、みたいな論調がマジョリティーでした。

あれから25年。特に日本でなのだけれど、自由主義の勝利って何だったのかなって思います。
安倍政治というのは自由主義の否定でしょう。しかしこの安倍政治が長期政権ですから。去年が衆議院の選挙でしたから、任期はあと3年。安倍首相がもうあと1年首相をやれば、桂太郎を抜いて歴代首相在任日数ランキングのトップになります。
桂太郎を抜くんですよ。桂太郎というのは、日露戦争時の総理大臣で明治天皇の信頼もきわめて厚かったです。なおかつ桂園内閣と言って、薩長閥の代表として西園寺公望と二人で総理大臣という職をたらいまわしにした人物です。この桂太郎を首相在任日数で抜くだろうというのだから普通ではないです。

そしてこの安倍政治を批判するべき自由主義陣営がどうしようもない。
一体保守はどこに行ってしまったのでしょうか。でもこれをよく考えると、冷戦時代の保守というのは、経済は自由主義だとは言っていたのですが、かなり福祉政策にかじを切っていて、ソ連の戯画化されたような計画経済よりは自由主義的だったというものでした。

問題はリベラルです。現在のリベラルの劣化というのはどうでしょう? 
はっきり言って、現在のリベラル陣営というのは右翼を叩くことで留飲を下げているというレベルです。そもそも右翼の言論というのは、30年前まではチンピラの戯言扱いだったのですから、知的レベルの高さを自認するリベラルが、右翼と同じ土俵でガチンコ勝負せざるを得ないというだけでもうすでに劣化なのです。
こうなると右翼の作戦勝ちです。少ない手駒でリベラルの大軍勢を引き付けているわけですから。その結果、安倍政権はとんでもない長期政権になってますから。

リベラルにとって何が悪かったのかというと、戦後、冷戦という枠組みが与えられたから、それに寄り掛かって、自らの論理を鍛えることを怠ったからです。ではどのような言論を鍛えるべきだったのかなんて言うことは、もう分からなくなってしまっているのです。

安倍晋三には戦前という根拠があるけれど、リベラルには根拠がなくなってしまっています。リベラルがぼんやり寄り掛かろうとしている根拠とは冷戦時代の根拠であって、ふざけきった馬鹿を言うものありですよ。
このままでは世界が壊れてしまうと嘆くリベラルもいるでしょう。それはそうです。リベラルの世界観は壊れてしまうでしよう。リベラルにとって世界は崩壊するでしょう。
真理とは決して真実などというものではなく、それなくしてはその人が生存できないものであろう条件なのですから。



magamin1029


保守は右でリベラルは左と言われていますが、いったい何を基軸に右とか左とか言っているのでしょうか?

近代というのは精神と物質の二元論の世界でありまして、簡単に言いますと、論理と欲求というものを明確に分けて考える世界観ということになります。
保守とは、人間の自由な論理的思考を伝統などで縛る代わりに、欲求というものについてはある程度の自由を認めましょうという立場であり、
リベラルとは、論理的思考は自由にする代わりに、欲求というものを社会的に縛っていきましょうという立場です。
リベラルは社会的に欲求を縛るわけですから、経済的弱者を救うような高福祉政策というのが売りみたいになります。

国家と個人というのはシンクロしていまして、自分が保守的生活を送るものは国家に保守的政策を求めるし、自分がリベラルであると自認するものは国家にリベラル的政策を期待します。
ここまでは分かりやすい話です。

しかし問題なのは、リベラルというものが無条件に成立するものであるか、ということです。
論理的に自由な人間は、本当に自分の欲求を制御することができるでしょうか? 
論理的思考のできない人は、ある意味論理的思考から解放されています。このような人は社会の底辺に沈んで、もらった給料をもらっただけ使いがちです。論理的思考から解放されているからと言って、欲求を制御するなんてことは出来ていないです。
事実はリベラル論理と逆であって、論理的思考ができない人は、自分の欲求を制御できなくなりがちなのです。
当たり前の話です。

リベラル思想というのは矛盾しているのです。精神的な解放は欲求の解放と直結します。リベラルは反論すると思いますよ。自分は精神的に解放されているが、欲求はきちんと制御していると。

私は、本当に左翼リベラルを自称する人は精神的に解放されているのですか、と問いたいです。解放されているつもりでも、本当は何かに縛られているのではないですか。
何に縛られているのか? 
例えばリベラルを呼号する新聞、テレビは、コメンテーターとしてどこどこ大学の教授だとか権威を借りてきています。精神的に解放されているなら権威に寄り掛かる必要はありません。話される内容のみを精査すればいいのです。
左翼リベラルを自称する人たちは、インテリを気取っていないでしょうか? 肩書がですよ、精神科医だったりライターだったり芸術家だったりしていないでしょうか。精神的に解放されているなら、趣味のレベルであるだろうものを職業などと語ったりしないでしょう。

日本がゆたかであった時代は自称リベラルが許されるということもあったと思いますが、ここまで日本経済がシュリンクすると自称リベラルなどというものは許されないでしょう。



magamin1029


日産のゴーン逮捕について、安倍政権の何かから目をそらせるための国家の陰謀みたいな主張をする人がいるけれど、ちよっと足りないよな。このような人は自分のことを自由主義者だとかリベラルだとか考えていると思うけれど、陰謀論に落ち込んだリベラルはリベラルの要件を備えていない。


全くネトウヨと同じレベル。
しかしネトウヨはわざと煽っているという部分があるけど、自称リベラルはマジだから。ネトウヨよりレベルが低い。
追い詰められているのだと思う。リベラルは人を救う前に自分を救わなくてはならない。



百田尚樹のツイートに対する左翼のぶら下がりがすごい。
百田が沸点が低いと書くべきところを、沸点が高いと書いたとか、どうでもいいことに驚くべき粘着だ。右翼と左翼リベラルって仲いいんじゃないの、実は。

右翼のほうが弱者だから炎上商法を採用しているのだろうけれど、それに喜んで釣られる左翼リベラルのメンタルもきつい。
政治的なことはうかつには語れないような状況になってきた。右も左もヒステリーというのだから、これはちょっとひどい。

magamin1029

左翼リベラル的な考え方をする人には、知的レベルが高く精神的にハイセンスな人が多い。常識的な整合性を大切にするということで、いっけん何の問題もないかのように見える。

例えば、ネトウヨなんかが、

「このような犯罪を犯したのは、彼らが日本人ではないからだ」

などという奇怪な論理を展開した場合に、左翼リベラルは、

「なに奇怪な論理を展開しているのか? 頭のおかしい奴は精神病院に行って叫んでろ。もしくは自分の頭のおかしいことを自己認識して黙ってろ」

と考える。もっともな意見だろう。
しかし、頭のおかしい奴は切り捨てろ、というのでは新自由主義になってしまう。この立場を左翼リベラルは取らない。
左翼リベラルの立場はもっと慈愛に満ちていて、頭の弱い奴は黙ってハイセンスな私たちについてこい、というものだ。

このような論理が本当に慈愛に満ちていると言えるだろうか? 

ネトウヨが奇怪な論理を展開するのも、彼らは彼らなりに何らかの必然性があるからではないだろうか。奇怪な論理を展開せざるを得ない彼ら自身がそもそも苦しんでいるのではないだろうか。
左翼リベラルの思想は、自分の自己同一性というのは与えられているのだから、他人の自己同一性も与えられているだろうという根拠のない前提に依存している。

左翼リベラルを表現する人というのはそもそも優秀な人で、中学や高校で上級階層に選抜されてしまい、この世界にはどうしようもない人たちが多数存在するということを実地に知らないのだと思う。

甘いんだよな。日本には貴族階級は存在しないのに貴族主義的なんだよね。

左翼リベラルは実際に下層階級の人たちの実体を体感して、彼らを切り捨てるような新自由主義者になるか、もしくは彼らも巻き込んだ秩序を構想するような真のリベラリストになるかを選択しなくてはならない。




magamin1029






フリージャーナリストの安田さんをめぐる自己責任論がある。

自己責任なんていう人は余裕のない人だなーと思うけれど、逆に考えると、余裕がなくなるまで頑張っているともいえる。私なんて、
「安田さん、解放されてよかったね」
なんて思うのだけれど、これは余裕があるからで、たいした稼ぎもないのにこんな余裕のよっちゃんイカみたいな生活をしていていいのかなー、なんて。
余裕がなくなるまで頑張るって、やっぱりすごいヨ。

自己責任論に否定的な人はいる。いい人だと思う。友達になりたい。
ただ、
ツイッターで素顔を出して千以上のフォロワーを抱えている人は、自己責任論に否定的だったりすることが多いけれど、あれは本音かどうか分かったものではないな。余裕のあるポーズをしている可能性だってある。本音かどうかわからないような人のつぶやきをリツイートしたりする人も。
きついパターンが、自己責任論に対して余裕のない言葉で上からかぶせようとすること。自己責任論を展開するような余裕のない奴は自己責任だみたいな話であって、これもうちよっとわかんないよね。

こんな議論でエネルギーを使っても日本が分裂するだけで意味ないよ。
このエネルギーを、サウジの皇太子を煽る方向にもっていけばいいんじゃないのかな。
あの皇太子の名前、サルマンだっけ? あのふざけた王子を煽って煽って、火が消えそうになったらバタバタ煽っていけばいい。あれより金持ちって日本人にはいないだろう。ちょうどいいターゲットだ。



安倍政権の年代別支持率は、40代以下は支持のほうが高くて50代以上は不支持のほうが高い。普通の保守政党のパターンとは逆だ。

何故逆転現象が生じているのか。

これやっぱり年金がらみだと思う。
高齢者の年金に対する執着というのはすごい。年金をもらうことを当然の権利だと確信している。

アベノミクスというのはインフレ政策であって、突き詰めて考えると、年金給付の確実性を棄損するところがある。このあたりのことを高年齢層は嗅ぎつけて、アンチ安倍に回っているのではないだろうか。

高齢者に多い左翼リベラル思想というのは、結局自己保身によって支えられているということになる。
このような支持層に支えられている野党が政権を取ることは全く不可能だろう。
真のリベラルは年金ギャングの向こう側に出なくてはならないだろう。








このページのトップヘ