magaminの雑記ブログ

カテゴリ:外国文学 > ヒトラー

ヒトラーの哲学思想というのは間違いなく一級品だ。ニーチェレベルだ。同じ内容にもかかわらず、ニーチェの思想ははよくて、ヒトラーの思想はダメだという論理は成り立たない。  ヒトラーの哲学が一級品だというのはしょうがない。歴史上の悪人の思想が、善人の思想を凌駕しているというのは残念ではあるのだけれど、事実だから認めざるをえない。  では、ヒトラーの歴史認識というのはどうだろうか。「わが闘争 第10章 崩壊の原因」にこのようにある。  「いまや、貧乏と富裕の激しい変動もかなり目立ってきた。過剰と貧困が相互に隣りあって生活していたので、その結果は非常に痛ましいものがありえたし、またかならずそうならざるをえなかった。困窮と頻繁な失業は人間をもてあそびはじめ、そして警告として不満と憎悪を残したのである。ついに、もはやこれ以上やってゆかれないだろう、という信念が一般化するまで、その不満は広まったのである。しかし人々は、なにが起こったらよいのか、ということについて確固とした考えを持たなかったし、また持つことすら出来なかったのである」  ドイツのことはよくわからないよ。ただこの言説を戦前の日本に当てはめてみた場合、胸に来るものはないだろうか?  ここまでざっくばらんに、戦前の日本の事を語ってくれた社会学者がいったい何人いただろうか?  ヒトラーはさらにこのように続ける。  「このような金が猛威を振るう時代において、貴族はますます彼の生まれの人種的前提を失い、大部分はむしろ「卑族」とでも呼ばれたほうがずっと似合うほどになった」   昭和初期、日本において華族とは何をしていたのか。     華族ではなく卑族wwwww     ヒトラーの歴史認識は間違ってはいないと確信してもいいレベルだろうと思う。   ヒトラーの哲学は一級品で、歴史認識も超ハイレベルとするなら、優生学にいたるヒトラーの思想にはかなりの注意深さをもって身構えなくてはならないということになる。「わが闘争」を批判的に読むというのは、守られたインテリが味方の多勢を頼りによく分かりもしないことを小ばかにしてよろしくやれるというものではない。   この世界には簡単に判断が出来ないというものが存在する。  

ヒトラーは狂人で、これに騙されたドイツ人は馬鹿みたいなイメージというのはある。日本も同じで、戦前の日本人は、馬鹿かキチかその両方かということになりがちだ。  本当にそうなのだろうか?   「わが闘争 第6章 宣伝の目的」 にこのようにある。     「しかし民族がこの遊星の上で自己の生存のために戦うならば、ヒューマニティーとか、美とかの考量はすべて無に帰してしまう。というのは、これらの観念はすべて宇宙のエーテルの中に浮かんでいるのではなく、人間の幻想から生じたものであり、人間と結びついているからである。人間がこの世から分離すれば、概念もまた無に消え去ってしまう。というのは自然はそれを知らないからである」  この言説はかなりレベルが高いよ。普通に生活していたら、そもそもヒューマニティーとか美とかという固定観念を相対化しようなどとは思わない。このような強力な言説というのは、いくら天才といえども簡単に手に入るものではない。何らかの時代の押し上げというものが必要だ。ヒトラーは「わが闘争」の中で、あたかも最初から自分は視野が広かったみたいなことを書いてあるが、これは疑問だ。ヒトラーは第一次世界大戦でドイツ軍人として従軍していたのだが、ヒトラーの根本思想は戦中に起因していて、「わが闘争」の中では、戦前の生活状況もこの思想によって事後的に再編成されていると思う。実際に大戦争において思想を悟る鋭敏な感性の持ち主というのは存在する。日本で言えば、坂口安吾がまっさきに思い浮かぶ。   このヒトラーの言説に対抗するのは簡単ではない。あらゆる観念が相対化されるのなら、生存のための戦いのみが残されている、ということになるよ。相対化を拒否するような自分の観念があるかどうかが問われている。  問われているといったって、答えるのも簡単ではない。   

文庫本で200ページほど読んだのだけれど、ヒトラーは狂人でもないし、馬鹿でもないね。   ドイツにおいて、「わが闘争」は禁書になっている。禁書になるほどのパワーがあると考えていいだろう。インパクトのある部分を以下に紹介する。  「国家の権威、民主主義、平和主義、国際的連帯、等は、われわれの場合はいつもほとんど固い純粋の教義的観念になった公然たる概念である。すなわち一般の国民生活に必要なものの判断がすべて、この観念からだけ生ずるのである」  ニーチェの香りがしてきた。ニーチェは近代を相対化しようとした。フーコーはニーチェを手がかりに、精神医学というものを相対化しようとした。ヒトラーは民主主義や平和主義を相対化しようというのだから、フーコーのはるか上方を飛んでいる。ヒトラーなどという絵描き崩れに、フーコーの上をかぶせ続けられるものだろうか。ハードルを上げて、待ち伏せてみよう。  ヒトラーは続けて、このように語る。  「一度入り込んだ先入観という視角のもとに、あらゆる利害を考察するというこのいやなやり方は、客観的には自己の心情に矛盾することを主観的に考えてみるという能力をすべて殺し、ついに手段と目的を完全にひっくり返すようになる」   すばらしい、全くすばらしい。  この言説は、フーコーの上をいっているし、ニーチェを凝縮している。この言説に対抗するのは、並大抵ではないよ。ここまで来ると、民主主義、キリスト教、プラトン、ユダヤ教、そして歴史をひっくり返そうとするホロコーストまで一直線だ。西洋は怪物を生み出した。ウエスタンインパクトはいいけれど、トータルでやりすぎたんだよね。

このページのトップヘ