「首折り男のための協奏曲」は、題名に協奏曲とあるし、文庫本の裏の解説に、

「二人の男を軸に物語は絡み、繋がり、やがて驚きへと至る」

と書いてあるので、伊坂幸太郎らしい連作短編集なのかと思っていたのですが、実際に読んでみると、短編を寄せ集めた「短編集」でした。





首折り男のための協奏曲 (新潮文庫)

新品価格
¥444から
(2019/4/10 00:20時点)




【「首折り男のための協奏曲」 あらすじと流れ】

「首折り男のための協奏曲」は以下の7つの短編から成っています。

1 首折り男の周辺
2 濡れ衣の話
3 僕の舟
4 人間らしく
5 月曜日から逃げろ
6 相談役の話
7 合コンの話

短編集ですから、「首折り男のための協奏曲」には、7つの短編を合わせた全体としての意味とかはないです。

首折り男というのは、首を折って人を殺すという技を持った殺し屋のことです。この首折り男がメインで出てくるのは、1 首折り男の周辺 2 濡れ衣の話 の二つの短編だけです。

3 僕の舟 は、首折り男のアパートの隣に住んでいた初老夫婦のかつての恋愛話でした。夫婦の奥さんの方が、探偵黒澤に自分の昔の初恋の人を探してもらうという内容です。
「僕の船」は、首折り男のスピンオフみたいな話なのですが、重要なキャラクターのスピンオフなら分かるのですが、首折り男の隣に住んでいたオバサンのスピンオフですから、話全体がどうしても地味になってしまっています。

4 人間らしく は、クワガタ好きの作家が、探偵黒澤にクワガタの生態についていろいろ語るという内容です。
クワガタはひっくり返ってしまうとなかなか元に戻れないらしいです。クワガタを飼っている作家は、クワガタゲージをたまに見て回って、ひっくり返ったクワガタを元に戻します。

作家は思うのです。

自分は、クワガタにとってどこからともなく現れて助けてくれる神のような存在だろう。だから、人間にも勧善懲悪の神のようなものがいるのではないか?

簡単に考えすぎでしょう。人間とクワガタは違うでしょう。

5 月曜日から逃げろ は、7つの短編の中で唯一なぞ解きミステリー形式になっていて、読む価値があります。

6 相談役の話 は、ちょっと感じの悪い金持ちの二代目を怨霊がとっちめる、という話でした。ただ、金持ちの二代目が感じが悪いと言っても、金持ちだから周りからチヤホヤされて育ったとか、イケメンだから女の子にもてるだとかで、しょぼい主人公にとって感じが悪いというだけです。

しょぼい主人公は、金持ちの二代目が羨ましくて、探偵黒澤を使って彼の不倫の現場を押さえようとするのですが、感じが悪いというだけでお金を使って人を陥れるというのはどうなのでしょうか。

伊坂幸太郎は、女性の不倫には寛大ですが、男性の不倫には厳しい傾向があります。

7 合コンの話 は、3対3のマジ物の合コンの話です。合コン現場に首折り男がニアミスするのですが、あとから書き加えたのではないのかというレベルのニアミスで、首折り男は「合コンの話」と関係はないです。

合コンで、人間の価値は見た目か中身か、という話になります。見た目というところで話が落ち着きます。しかし3人の男の中で一番さえない男が、実はプロのピアニストで、ピアノを弾いたら滅茶苦茶うまくてみんなを感動させます。やっぱり人間の価値は中身だよね、という所に話が落ち着くわけです。

おかしくないですか?

ピアノがうまいということが、人間の見た目の価値なのか中身の価値なのかの検証が必要でしょう。見た目はショボいけれど、ピアノを弾かせたらすごいかもしれないから、人は見かけで判断してはいけません、というのでは、世界を簡単に判断しすぎでしょう。


7つの短編を順に説明しましたが、分かるように、7つの短編はほとんど独立していて、互いの関連性はかなり希薄です。

関連記事