「ポテチ」は短編集「フィッシュストーリー」に掲載されています。

【「ポテチ」 あらすじ】

今村と大西は恋人同士で、コンビで空き巣を生業としています。今村が男性で、大西が女性です。物語は、今村の視点で進んでいきます。

今村は、母親の血液型がAB型で、自分の血液型もAB型であることを知ってしまいます。メンデルの法則によれば、AB型の親からはAB型の子供は生まれないことになっています。

今村は、自分の生まれた病院で、自分に関する「赤ん坊のとりちがえ」が起こったのではないかと疑います。自分と同日に同じ病院で生まれた男たちを探し出し、業者に頼んでDNA鑑定をしてもらいました。

自分の母親だと思っていた女性の本当の子供は尾崎といい、プロ野球選手になっていました。
尾崎は現在、チームで控えに甘んじています。

今村の空き巣の師匠である黒澤はすべてを察します。黒澤は、尾崎が当日の試合にいい場面で代打に出られるように細工をして、今村とその母親、そして大西をプロ野球の試合に誘います。

今村は、子供がべそをかくように尾崎を応援します。そして尾崎は.......


ポテチ [レンタル落ち]

中古価格
¥1から
(2019/4/5 01:17時点)



【「ポテチ」 意味の解説】

今村の人格描写の一点で優れた短編です。

今村は、チラシの裏にたわむれに三角形をいくつか描いていくうちに、三角形の内角の和が180度であることを発見します。
「車輪の再発見」のレベルを超えています。
自分の大発見を大西に伝えて、彼女に呆れられたりします。今村は万有引力の法則もかつて再発見したことがあるらしいです。

馬鹿なのかかしこいのか分からない所が面白いです。

今村は、自分が母親の本当の子供ではないことで運命を呪うのではなく、母親に同情します。取り違えさえなかったら、母親はプロ野球選手の子供を持つことができたのに、というわけです。

みんなで球場に尾崎を見に行っても、今村は尾崎がプロ野球選手であることを羨ましがったり、尾崎が今は控えに甘んじていることを冷笑したりすることはありません。

「おざきー、おざきー」

と叫び、尾崎の活躍を一心に願います。
すがすがしいです。

形から入る、という人がよくいます。この言葉は誰それという有名な哲学者が語っているから正しいんだ、とか、私と議論するためには聞いたこともない作家の見たこともない本を読んでこい、などというタイプの人です。

このような人たちというのはかわいそうではあります。この世界では、何かの知の体系に寄り掛かっていないとバカと判断されてしまいます。形から入る人たちは、バカだと思われることを酷く恐れています。

今村はこのような「形から入る人たち」とは対極にあります。
坂幸太郎の見事なフォルム批判(形から入る世界批判)だと思います。


関連記事