短編集の「フィッシュストーリー」から、表題作のフィッシュストーリーを紹介します

【フィッシュストーリーあらすじ】

小説内では、時系列がバラバラに、4つの物語が語られていてます。
時間を古い順番に並べなおして、あらすじを書きます。

35年前
一応プロなのですが売れないロックバンドがありまして、三枚目のアルバムがほとんど最後のアルバムになるだろうという予感が漂います。
最期のアルバムの最後の曲の収録で、時間がなくて一発撮りということになりました。ライブ感覚でやればいいか、ということで、みんなで盛り上がったのですが、バンドメンバーの一人が感極まって、
「この曲が誰かに届けばいいのに」
みたいな独り言を収録中に語ってしまいます。録り直しをすることもなく、独り言の1分ほどの部分を無音にしてレコードは発売されました。

20数年前
雅史は、このロックバンドのアルバムを車を運転しながら、窓を開けて大音量で聞いていました。アルバムが無音の部分になった時、ちょうど女性の悲鳴が聞こえました。
雅史は車を止め、悲鳴の聞こえたあたりに徒歩で戻ってみると、女性が襲われているところでした。正義感の強い雅史は、ビビりながらも女性を助けます。

現在
自殺願望のあるハイジャッカーたちにジャンボジェットがハイジャックされます。そこに乗り合わせた瀬川は、子供のころから親に
「正義をなせ」
と教育されていました。正義をなすにおいて大事なことは日ごろからの心の準備だと言われて、瀬川は育ちました。
瀬川はおそらく、車に乗ってロックを聴いていた男性と襲われていた女性との子供なのでしょう。
瀬川はハイジャッカーたちを華麗に叩きのめしました。

10年後
10年前にハイジャックされそうになったジャンボに乗っていた橘麻美は、自身のITスキルを生かして、大きなハッカー事件を未然に防ぎます。非常に多くの人たちが麻美の活躍で救われたらしていです。

フィッシュストーリー (新潮文庫)

新品価格
¥637から
(2019/4/1 19:54時点)



【「フィッシュストーリー」 意味の解説】

話の意味としては、あるロックバンドの歌に込めた想いみたいなものが受け継がれ、時とともにおおきくなって、最後は多くの人を救うに至るという話にはなると思います。

しかし正直言うと、多くの人が救われたと言っても結果論みたいな話ですよね。最初のロックバンドが1分間の無音を作ったことによって多くの人が救われた、と言っても、100%の関連性とかはないでしょう。最後の女性の橘麻美さんも、自分が気が付いていないだけで命の危険みたいなこともあったと思います。彼女が今まで生きてきたのは、ハイジャック犯を叩きのめした瀬川だけのおかげというわけでもないでしょう。

作者が、物語は運命の必然だと主張しても、神様みたいなみのがない限り「必然」なてありえない、というしらけた意見を完全に排除するのは難しいです。

伊坂幸太郎のデビュー作である「オーデュボンの祈り」では、運命をコントロールするカカシを登場させることによって「必然」を担保しましたが、「フィッシュストーリー」では何も設定されていないので、必然を期待する人間の話になってしまっています。

必然を期待する人間の話、というのでは、「フィッシュストーリー」は平均的な出来の現代小説ということになるでしょう。

伊坂幸太郎は、作中に喋るカカシや死神を登場させたり自由自在なわけで、あえて運命をコントロールするような存在を登場させない小説は、伊坂幸太郎の小説に対するチャレンジだと受け取りたいです。



関連記事