ネタバレ注意です。

伊坂幸太郎「死神の精度」は6つの作品からなる連作短編集です。

1 【死神の精度】
2 【死神と藤田】
3 【吹雪に死神】
4 【恋愛で死神】
5 【旅路を死神】
6 【死神対老女】

人間世界に派遣された死神千葉の仕事は二つです。
一週間にわたって死亡予定者に接触し、話をすること、その結果から予定通り死んでもらうか、それとも今回は「見送りにする」かを上に報告することです。 

千葉が死亡予定者を死んでも良いと判断すると、、その人は8日目に死ぬことになります。

1 【死神の精度】

テレホンオペレーターの藤木一恵はクレーマーに謝るだけの毎日です。うんざりした日々が続くのですが、そんな一恵に死神の千葉が派遣されました。一恵は一週間の間に、死ぬか「見送られる」か決定されることになります。
クレーマーの一人が音楽プロデューサーが一恵の声に惚れ込んだことによって、彼女の人生が変わろうとします。そして死神の千葉は「見送り」を決定します。
6篇のなかで千葉が「見送り」したのは彼女だけでした。

2 【死神と藤田】

今回の死神千葉の担当者はヤクザの藤田です。藤田は自分の兄貴分を殺した復讐のために、敵対するヤクザの組長栗田を探していた。千葉は藤田を助けるふりをして、藤田を観察する仕事を果たします。
藤田と敵対する栗田にも、千葉の同業者である死神がついていたというオチ。

3 【吹雪に死神】

千葉の今回の担当者は、雪山の洋館に夫といっしょに旅行に来ている田村聡江です。雪で閉ざされた洋館で連続殺人事件が起きます。
雰囲気は本格ミステリーなのですが、登場人物に毒を飲んでも死なない死神が混ざっているので、コミカルで安心感のある話になっています。

4 【恋愛で死神】

今回の担当者は、向かいのマンションに住む古川朝美片に想いをしている荻原という青年です。千葉のおかげもあり、若い二人は仲良くなっていきます。
しかしこの編の冒頭に、萩原は死ぬという描写があります。

5 【旅路を死神】

今回の千葉の担当者は、殺人を犯して逃亡する森岡耕介という若者です。森岡には子供のころに誘拐された体験があります。今の自分がダメなのはその誘拐犯が悪い、という考えが森岡にはあり、森岡は誘拐犯に復讐するために十和田湖に向かいます。
十和田に向かう途中の仙台で、重力ピエロの「春」が登場したりしています。

6 【死神対老女】

今回の千葉の担当者は、高齢の女性美容師の新田です。彼女は千葉が死神であることを見破ります。新田は、千葉が人間ではないと知りつつ、明後日に十代後半の男女を4人ぐらい美容室に客を連れてきて欲しいというお願いをする。
その理由が悲しいです。
この6章の【死神対老女】と1章の【死神の精度】とがつながっていて、伊坂幸太郎はうまいなと思わせます。




死神の精度 (文春文庫)

新品価格
¥605から
(2019/3/19 12:11時点




【伊坂幸太郎「死神の精度」の意味】

小説とは、その世界の整合性の視点みたいなものが超越的な場所に設定されていたりします。分かりやすいところで、例えば推理小説は閉じられた世界の中で起こった事件を、超越者の代弁者である探偵の世界解釈の結果として犯人が告白するという形式になっていたりします。

伊坂幸太郎の小説の場合、この超越的な視点を意識的にいろいろ動かしていこうとしています。

「オーデュボンの祈り」では、カカシが超越的視点と探偵役を併せ持った地位にあって、物語は最後みごとに収束しました。

「魔王」では、超越的視点を持たない少し超能力を使えるだけの普通の人間が主人公で、物語は収束どころか拡散したまま終わります。

そして「死神の精度」では、超越的視点と探偵役をゆるーい死神という視点の低い設定にしているため、物語は予定調和的でとても読みやすいことになっています。

伊坂幸太郎の「オーデュボンの祈り」以外の作品は、運命をつかさどる神のような存在を匂わせはするのですが明確には説明しないというスタンスです。この「死神の精度」でも、下級監視役である死神については解説がありますが、死神を派遣している上部組織については、それが存在するというぐらいしか説明がありません。

伊坂幸太郎のデビュー作である「オーデュボンの祈り」の中で、運命をつかさどるカカシが殺されて以降、運命をつかさる神的存在は、「いるのだけれど上の方まではよく見えない」みたいなことになっています。



関連記事
【この部分にお好きな文章を入力してください。】