イケダハヤトさんが炎上商法をする理由なのですが、結論として、イケダハヤトさん自身が考える自分像と現実のそれとの間に、多少の齟齬があるからだと推測します。


目次
【イケダハヤトさんの2019年1月現在の状況】
【イケハヤブログは実際どれほどの収益を生むのか?】
【イケダハヤトさんにたいする期待】



【この部分にお好きな文章を入力してください。】


【イケダハヤトさんの2019年1月現在の状況】


イケダハヤトさんは、連続起業家正田圭さんと女性ブロガーはあちゅうさんと一緒に「脱社畜サロン」というサロンを運営しています。しかし、正田圭さんのツイッタープロフィールでの虚偽が発覚し、正田圭さんは「脱社畜サロン」から離脱。
そして「脱社畜サロン」からの脱会者が相次いでいるという現状です。

イケダハヤトさんが、
「正田圭さんを信じる」
みたいな感じで無理筋的にかばっていて、炎上に油を注いでいます。






上の動画を見る限り、正田圭さんの照れ具合はひどいです。それにたいしてフリーザイケハヤさんの落ち着いていること。
炎上には、普通レベルの人間には耐えられないということが分かります。


【イケハヤブログは実際どれほどの収益を生むのか?】

イケダハヤトさんはユーチューブやサロンから収益を得ているでしょうが、やはりメインはイケハヤブログでしょう。
この「イケハヤブログ」は実際にどれくらいの収益を上げているのでしょうか?

去年は仮想通貨バブルというのがあって、イケダハヤトさんはこの波に乗って仮想通貨関連のアフィリエイトでかなり儲けたでしょうが、平常運転時のイケハヤブログがどれくらいの収益を生むものなのか考えてみたいと思います。

SimilerWebというサイトがありまして、ここでサイトの閲覧数やサイトへの流通経路を調べることができます。

イケハヤブログの閲覧状況を調べてみると、

2018年12月は、53万5千pvと出ました。
ひと月53万5千pv程度だと、普通にAmazonアソシエイトを貼るだけだと、月に20万ほどです。
しかしイケハヤブログは「資産運用」というビッグキーワードで2%の流入があると出ました。実際に「資産運用」で検索するとイケハヤブログは4番目に表示されました。
2%の流入者がブログの資産運用アフィを踏む確率を3%として、その3%の内に実際に成約する確率を3%として、一成約で得られる報酬を5000円で計算すると、

535000*0.02*0.03*0.03*5000

となり、48150円になります。
安いですね。どこか計算が違うのでしょうか。

あとイケダハヤトさんはFXにも注力していますが、ブログの内容を見る限り、ほとんど素人のレベルです。FX関連のキーワードで検索しても、イケハヤブログは出てこないです。
仮想通貨ではみんなやられたでしょうから、この上FXでなんていう養分はあまり残っていないと思われます。

あのイケハヤブログの構成からして、現状で月に100万以上稼ぐのは難しいのではないでしょうか。
そもそもが、50万PV程度の雑記ブログですから。



【イケダハヤトさんにたいする期待】

イケダハヤトさんは、面白い体験を面白く書いて人気を得るなんていうタイプではないです。

けっこう誠実な人だと思うんですよね。
実体よりも自分を大きく膨らませているというのはあるかもしれないですが、その大きく膨らんだ自分のほうを実体だと、本人自身は思っているでしょう。そういう意味で、自分に対して誠実です。

イケダハヤトさんはブログの収益化を目指す人に対して、まず記事を書け、と言います。普通に考えれば、つまらない記事をいくら書いても収益化なんて遠いのですが、これはイケダハヤトさんが嘘を言っているというのではなく、彼にとっての正直なところなのだろうと思います。

イケダハヤトさんのプロフィールにこのような話があります。


高校時代は心機一転、部活に励みました。

入部したのは吹奏楽部。関東でも屈指の強豪校で、年間の休みは10日以下。お盆も練習でしたね……。

ぼくの担当は打楽器で、主にシンバルをやっていました。

というのも、シンバルはたまたま「空きポジション」だったんですよ。他のメンバーがとにかくうまかったので、凡人であるぼくはブルーオーシャンを探し、シンバルにたどり着いたのです。

ひたすらシンバルのトレーニングを続け、卒業する頃には「指先」だけで、重厚なシンバルを絶妙に操ることができるようになっていました。冗談ではなく「ミリ単位」でコントロールできました。今はもうできないんだろうな……。



若きイケダハヤトさんがシンバルをミリ単位でコントロールしていたなんて、他の部活の仲間は知らなかったと思いますよ。しかしひたすらトレーニングを重ねたのでしょう。彼のブログも同じでしょう。彼の本質であるあのブログ自体が、内容というより彼のキャラに依存しています。その結果としての50万pvでしょう。

このあたりがイケダハヤトさん自身が考える自分像と現実のそれとの間の多少の齟齬だと思うわけですが、まあ齟齬があってもいいじゃないかとは思います。
彼がここからどこまで自分を強く持って頑張れるのかを見てみたいです。

関連記事
ブロガーの自己申告収入なんてほとんどが嘘である理由