不惑とは40歳の異称です。

論語の為政篇に

   吾十有五にして学に志し (志学 しがく)
   三十にして立つ (而立 じりつ)
   四十にして惑はず (不惑 ふわく)
   五十にして天命を知る (知命 ちめい)
   六十にして耳順ひ (耳順 じじゅん)
   七十にして心の欲する所に従ひて矩を踰えず (従心 じゅうしん)

とありまして、「四十にして惑はず」から、不惑が40歳の異称として使われるようになりました。

「四十にして惑はず」とは、40歳になるとあれこれ思い悩まず、どっしりと自分の人生を考えるようになる、という意味になるでしょう。

ただ「不惑」程度で満足していてはダメです。何といっても50歳になった時には「天命」を知らなくてはならないのですから。

「不惑」というのは、自分というものをしっかりと持つということでしょうが、自分を確立したからには、周りの人間を助ける立場に回らなくてはなりません。自分が安心しているからそれで満足というのでは、あと10年で天命を知るということは出来ないです。

自分をしっかり持ったのなら、家族や友人を助け、さらには地域や国家を助け、さらには世界を助けようという。順番に頑張っていって、自分はどこまでやれるのかを知るというのが、「天命を知る」ということになると思います。

やっていきましょう。

関連記事