知命(ちめい)とは50歳の異称です。


論語の為政篇に

   吾十有五にして学に志し (志学 しがく)
   三十にして立つ (而立 じりつ)
   四十にして惑はず (不惑 ふわく)
   五十にして天命を知る (知命 ちめい)
   六十にして耳順ひ (耳順 じじゅん)
   七十にして心の欲する所に従ひて矩を踰えず (従心 じゅうしん)

とありまして、「五十にして天命を知る」から、知命(ちめい)が50歳の異称として使われるようになりました。

五十にして天命を知るとは、五十歳で天から授かった使命を悟るということになります。

ただ、天から授かった使命とはなにか、ということは考えてしまいます。50歳になっても、なかなか明瞭な天の声は聞こえたりしないです。

これを論語の文脈から判断すると、50歳になったらもう自分のことだけではなく、人のため社会のために何かをやっていかなくてはならない、という意味だと思います。

やっていきましょう。



関連記事