耳順(じじゅん)とは60歳の異称です。

論語の為政篇に

   吾十有五にして学に志し (志学 しがく)
   三十にして立つ (而立 じりつ)
   四十にして惑はず (不惑 ふわく)
   五十にして天命を知る (知命 ちめい)
   六十にして耳順ひ (耳順 じじゅん)
   七十にして心の欲する所に従ひて矩を踰えず (従心 じゅうしん)

とありまして、「六十にして耳順ひ」 から耳順が60歳の異称として使われるようになりました。

耳順(みみしたが)ひ、とは、そもそも「人の言うことを素直に聞けるようになった」という意味です。

しかしなかなか60歳になったからといって、人の言うことを素直に聞けるようになるのも難しいです。
宮崎一定という論語学者は、


「論語の為政篇のこの節は、孔子が50歳までは力があふれていて天命を知るまでになったが、それ後は衰えて、60歳になったら人の言うことには従うようになったり、70歳になったらやりたいことをやってもたいしたことは出来なくなってしまった、という嘆きだ」

と言っていました。

ですから、60歳になっても人のいうことを素直に聞けない、というのはまだまだ元気である証拠ともいえます。


ただ、故事成語として60歳は、人のいうことを素直に聞けるようになる歳、すなわち耳順(じじゅん)ということになっています。

関連記事