【食費を安くするための食材と料理方法】

1 パスタ編
2 朝食うどん編
3 夕食うどん編
4 お雑煮編
5 野菜編
6 豆腐編
7 鶏むね編


【食費を安く上げるにはどうするか 1  パスタ編】


食費を安く上げようと思うなら、まずコメからちょっと離れてみた方がいいです。ごはんがあるからおかずが欲しくなり、魚だの肉だのと考えてしまうわけです。

ではコメから離れてどうするかというと、

1パスタ
2うどん

まずパスタから考えてみましょう。

パスタは安いです。スーパーで普通に買っても、500グラム200円ぐらいです。
バリラ No.5(1.7mm) スパゲッティ 業務用(5kg)【バリラ(Barilla)】
バリラ No.5(1.7mm) スパゲッティ 業務用(5kg)【バリラ(Barilla)】

まとめて買えばそれ以下です。

茹でた後、出来合いのソースをかけてもいいのですが、ツナ缶と炒めてツナスパとかでもおいしいですし、スパゲッティーは150グラムも食べれば、一食には十分です。それ以上食べれば太りますし。一食200円になります。

【1月24日(木)20時〜全品対象エントリー&購入で200ポイントプレゼント】いなば食品 ツナコーン 75g×24個入
【1月24日(木)20時〜全品対象エントリー&購入で200ポイントプレゼント】いなば食品 ツナコーン 75g×24個入 これはツナコーンですが。

パスタ料理で一番安上がりなのが、スープスパです。スープスパなんて名前はかっこいいのですが、コンソメスープにパスタを入れるだけです。
【在庫限り 限定特価】 味の素 コンソメ 固形 箱(21入)
【在庫限り 限定特価】 味の素 コンソメ 固形 箱(21入)

固形コンソメが1個10円ぐらいですから、一食70円、これにクズ野菜を30円分ぐらい足して、100円で野菜スープスパの完成です。これを定期的に夕食にすれば、野菜はとれるし太らないしで最高です。



【食費を安く上げるにはどうするか 2  朝食うどん編】


食費を安く上げるための最強の和食パートナーと言えば「うどん」でしょう。

うどんといっても茹でるタイプの生うどんではなく、スーパーで3袋入って100円で売っているヤツってあるじゃないですか? あれってもう茹でてあるので、調理も楽ちんです。調理というレベルでもないです。

まず鍋に水を200㏄ほど入れて、だしの素を入れます。

ヤマキ だしの素 粉末 4g×54
ヤマキ だしの素 粉末 4g×54

これを推奨します。4gがちょうど一人前相当ですから。

だしの素を入れたら、しょうゆをちょっと入れて、100円うどんを一玉入れて、コンロでぐつぐつと沸騰させたら出来上がりです。素うどんではさみしいという場合は、卵でも落とせばいいのではないでしょうか。卵一個15円として、一食55円です。

朝食なら毎日これでいけます。だいたい朝から色々食べようなんて思わないですよね。朝なんて正直、うどんぐらいしか食べる気がしません。朝から焼き肉を食べられるなんていう人がたまにいますが、うらやましいほどのデブ魂の持ち主だとは思いますが、私には関係ないです。

3玉100円のうどんよりも、今は冷凍うどんのほうがおいしいのですが、冷凍うどんはちょっと高いです。

EXCHEF 北海道小麦100%!冷凍うどん 250g*5食
EXCHEF 北海道小麦100%!冷凍うどん 250g*5食

最低一玉50円はします。
あと、冷凍状態から沸騰させなくてはならないので、時間もガス代も割増しになりますし、推奨は出来ません。


【食費を安く上げるにはどうするか 3  夕食うどん編】

食費を安く上げるための夕食うどん編です。

夕食ともなるとちょっとはいいものがたべたくはなります。
ですから素うどんに何かちょっと入れてみようという。

ちなみに素うどんとは、

ヤマキ だしの素 粉末 4g×54
ヤマキ だしの素 粉末 4g×54

これ一袋をお湯に溶かしてうどんを入れただけのものです。

肉でも入れてみましょうか。

【アメリカ産牛バラ肉スライス 700g(350g×2)冷凍品 男しゃく 100g当/109.8円+税】【超お買い得商品を随時更新予定。【お助け商品】10P05Nov16
【アメリカ産牛バラ肉スライス 700g(350g×2)冷凍品 男しゃく 100g当/109.8円+税】【超お買い得商品を随時更新予定。【お助け商品】10P05Nov16


スーパーに行けばアメリカ産の牛バラ肉が100g98円で売られています。これを20gほど入れて、あとは例えばカットブナシメジ100円のやつを入れましょう。


【税込 バラ売り】長野県産他 バラバラぶなしめじ 250g 1袋(しめじ ぶなしめじ シメジ ブナシメジ)上越フルーツ
【税込 バラ売り】長野県産他 バラバラぶなしめじ 250g 1袋(しめじ ぶなしめじ シメジ ブナシメジ)上越フルーツ

水300㏄、だしの素4g、うどん1玉、牛バラ20g、カットブナシメジ1袋、を鍋でぐつぐつにると、

キノコ肉うどん の完成であります。

たいした見栄えの食事でもないでしょうが、どうせ一人で食べるのですから、腹八分目になれれば十分です。お腹いっぱい食べていては太ってしまうのでダメです。

キノコに飽きたと思えば、キノコの代わりに白菜を入れてもいいですし、もやしを入れてもいいですし、千変万化です。

高級食材を入れない限り、一食200円は超えません。


【食費を安く上げるにはどうするか 4 おぞうに編】


素うどんというのは素晴らしいコスパ食品であるということはこれまで書いてきましたが、素うどんの力はどこから来ているのかとちょっと考えてみるわけです。

うどんからでしょうか?

違うなと思います。だしの素からつくられる、あのツユにこそ人の味覚を飽きさせない力があるでしょう。

ということはですよ、めんつゆに入れるものは別にうどんでなくてもいいということになります。

めんつゆにうどんを入れればうどんですが、餅を入れればお雑煮ですし、豆腐を入れれば湯豆腐になります。

餅を入れてみましょう。

〔食品〕楽天最安値挑戦中★20袋まで同梱可☆宝もち 1袋1kg(20切詰)(生切り餅)大新食品株式会社【RCP】
〔食品〕楽天最安値挑戦中★20袋まで同梱可☆宝もち 1袋1kg(20切詰)(生切り餅)大新食品株式会社【RCP】

メーカーにこだわらなければ、スーパーでは切り餅は1キロ500円ぐらいでしょう。これを3切れ150gも入れて、だし汁で野菜と一緒に煮れば、十分に一食分になります。贅沢してぶりを入れようとか考えてはいけません。ぶりなんか入れては高くついてしまいます。ぶりを入れるくらいなら、ぶりは照り焼きにして、コメと一緒に食べた方がよっぼといいということになります。

白菜とキノコ当たりの野菜で十分です。これを一緒に煮込みます。

うどんと違って、煮込むのには注意が必要です。切り餅の場合、煮込みすぎると溶けてなくなってしまいますから。

正月でもないのに食べる雑煮というのは最高です。値段もクズ野菜しか入れなければ、1食150円を超えることはまずないです。

ほうれん草なんかを入れるのもいいです。ほうれん草が高い場合は小松菜でもいいです。どうせ似たようなものなんですから。

ホウレン草カットIQF 1kg(冷凍食品 バラ凍結 簡単 時短 業務用食材 野菜 カット野菜)
ホウレン草カットIQF 1kg(冷凍食品 バラ凍結 簡単 時短 業務用食材 野菜 カット野菜)

今は便利なものがありますね。冷凍で十分です。カットしてあったり冷凍してあったりすると栄養価が落ちるなんて言う人もいますが、何を非科学的なことをいっているのでしょうか。リテラシーを疑います。お腹に入れば同じです。

同じであるという確信する気持ちが大事です。


【食費を安く上げるにはどうするか 5 野菜編】

うどんにしても雑煮にしても、野菜を入れていけばそこそこ食べられるようになります。

そこで何の野菜を入れるかということになりますが、やはり野菜のクリーンアップと言えば、

1 キャベツ
2 白菜
3 玉ねぎ

になります。

【産地厳選】国産 低農薬 大玉キャベツ 1箱 L〜3Lサイズ 約10kg以上【常温便送料無料】(北海道沖縄別途送料加算)きゃべつ/千切り/業務/newyear_d19
【産地厳選】国産 低農薬 大玉キャベツ 1箱 L〜3Lサイズ 約10kg以上【常温便送料無料】(北海道沖縄別途送料加算)きゃべつ/千切り/業務/newyear_d19


キャベツは一玉150円ぐらい、白菜は4分の1で100円、玉ねぎは大きいのが一個50円ぐらいです。

キャベツ一玉とか相当使えます。うどん一玉にキャベツを8分の1玉でも刻んで入れようものなら、うどんを食べてるんだかキャベツを食べてるんだか分からないくらいのキャベツうどんができます。

でも去年の夏、キャベツとか白菜とか、すごく高かった時がありましたよね。キャベツ一玉600円とか。あの時は、かつて見たこともないような小さい、握りこぶしより少し大きいくらいのキャベツ一玉が100円で売られていたりしましたから。あんな小さいキャベツがあり得るなんて、あの時だけの発見でした。

ホントふざけんなっていうレベルですよ。こうなると、スーパーに行っても、キャベツと目を合わせたくなくなります。
やはり葉野菜というのは、天候の影響があるわけです。

こういう時に役に立つのが、もやしとキノコです。
こいつらはいい。とにかく値段が一定ですから。ホームランも狙えるクリーンアップも大切ですが、やはりいつも同じアベレージをキープできる1,2番打者も大事になってきます。

特にキノコは種類も多くて、研究するのに奥の深いところもあったりします。

【送料込み】占冠山村産業振興公社 北海道産 干しえのき 50g×10袋セット/北海道 シムカップ
【送料込み】占冠山村産業振興公社 北海道産 干しえのき 50g×10袋セット/北海道 シムカップ

エノキなんか安くていいとは思うのですが、私の場合消化器系が弱いのでしょうか、食べたらそのままの形で出てきてしまうという傾向があるので、食べても栄養になっているのかいまいち不安な点があったりします。

キノコ場合は、安くてさらに消化のいいものという条件になって来るでしょう。


【食費を安く上げるにはどうするか 6 豆腐編】



とうふって、よく考えたらコスパがかなり高いですよね。

森永の絹ごしとうふ長期常温保存可能豆腐(24個入り)森永乳業【送料無料】北海道・沖縄・離島は別途追加送料が必要上記以外は送料無料です。(従来品)絹ごし豆腐、(新商品)お料理向き豆腐どちらかお選びいただけます。
森永の絹ごしとうふ長期常温保存可能豆腐(24個入り)森永乳業

豆腐って安いやつで一丁70円ぐらいでしょう。いろんなのが売られていますけど、正直、味の差なんてわからないです。まあ、分かりたくもないし、分かる必要もないんですが。

豆腐って、一丁350グラムとして、二丁は食べられないですよ。実験してみたことはないですが、よっぽどの飢餓状態でもない限り無理でしょう。

すなわち、豆腐一丁に適当に野菜を入れて、だし汁でグツグツ煮れば、必ず一食分になる計算です。

例えば、だし汁に豆腐一丁をいれて、もやしを一袋入れてグツグツ煮てみて、「もやし湯豆腐」ができたとします。
「もやし湯豆腐」なんていう料理が確立されてあるかどうかなんて知らないですが、とにかくその、もやし一袋と豆腐一丁を使った「もやし湯豆腐」を食べたとするなら、間違いなく腹八分目にはなります。

腹八分目になったとするなら、もうそれでいいじゃないですか。

「もやし湯豆腐」にもおいしい食べ方みたいなものはあり得ると思います。鍋に直接豆腐を置くと焦げ付くので、いっかい軽くもやしをなべ底にひいておくべきだとか、キムチでもちょっと乗せるとおいしくなるだとか。

知らないですよ、そんなこと。人それぞれでしょうし。

トータル100円程度の食材の組み合わせが、小宇宙を生むとしたなら、湯豆腐の小宇宙なのでしょうが、それで十分です。


 【食費を安く上げるにはどうするか 7 鶏むね編】



うどんに野菜を入れて煮れば安く上がるとか、いままでそんなことばかり書いてきましたが、正直、肉も食べたいですよね。

肉も悪くないですよ。

食肉の中で何のどこが一番安いかというと、

国産鶏むね肉(2kg)
国産鶏むね肉(2kg)

鶏むね、でしょうなー。

スーパーに行けば、100g88円で売っています。特売になると58円になります。

58円ですからね。だいたい、肉ってそう食べれるものではないです。よく、自分はステーキを500g食べたとか1キロ食べたとか言うデブもいますが、肉なんて、普通の骨格の持ち主なら200gも食べれば腹八分目にはなります。

特売とり胸肉200gは116円です。鶏むねを一口サイズに切って、フライパンで焼いて焼き肉のたれでもつけて食せば、これはもうご馳走です。
116円でひとりカーニバルです。

鶏むねはパサパサして嫌いという人もいるでしよう。私もこのような脂好き人を否定するつもりもありません。というか、彼らのような人が多数いるおかげで、鶏むね肉は安値に放置されているわけですから。

鶏むねはとり天とかにすれば抜群においしいでしょうが、揚げるための油のコストがバカになりません。料亭じゃないんだし、別に揚げることもないでしょう。
細かく切ってフライパンで焼いて、醤油でもつけて食べられれば十分です。

食べ物で人生の空洞を埋めようと考えたら、ホントそれは原因と結果を取り違えています。