【40歳男で結婚していないというのはどういうことなのか】

性欲がない、ということはありえるだろうけれど、これは病気だ。うつ病かなにかだろう。

あと男が好きというのもある。
この場合はしょうがない。独自の道を歩んでいってほしい。

もっと女の子と遊びたいからという理由。
こういう男はけっこう多い。女性はこの手の男に気を付けて。

残りの40代未婚男性は女性にもてなかった結果、ということになるだろう。


【モテなかった男はなぜモテなかったのか】
無題
【この部分にお好きな文章を入力してください。】

普通に考えてしまうと、まあ理想が高かったということになるだろうが、私はこれ、ちょっと違うと思う。では妥協すれば結婚できたのかというと、そういうわけでもないだろう。

結局どういうことなのか?

彼らには付き合った女性がいたとして、この女性にたいして、
「浮気はしてほしくない」
とか
「子供が生まれたら、子供の面倒はみてほしい」
とか思わなかっただろうか? 

そんなの当たり前じゃん、と思うかもしれないが、じつはこれ、当たり前ではない。

「浮気は不倫である」というメンタリティーは、一夫一妻制を前提にしている。一夫一妻制とは、江戸時代における武士の結婚制度であって、庶民は夜ばい婚とでもいうべき多夫多妻制度だった。
明治維新以降、明治政府は国民に教育勅語を押し付け、一夫一妻制を強制しようとするが、なかなか根付かなかった。
一夫一妻制が当たり前とされたのは、戦争による強制と、戦後の啓蒙教育によってだ。

「浮気は不倫である」という考えを受け入れた集団では、男女間の流動性が悪くなってしまう。その結果、モテない男のところには女性が回ってこないということになる。

モテない男の原因は、能力もないのに女性を縛ろうとするところにある。一夫一妻制の中産階級イデオロギーにしがみつきすぎだ。

ゆるく考えても生きていける。

「浮気は不倫」とか、
浮気をする女性のほうがオープンマインドでやって楽しいというのもある。
「女性は若いほうがいい」とか、
熟女の良さを知らんのかといいたい。エロ用語検索ランキングで「熟女」は断トツだ。


一夫一妻制の中産階級イデオロギーで家族を形成できる人はそのままでいいけれど、中産階級下層では、世代を継続することはできないだろう。世代が二回転もすれば、日本から中産階級下層は消滅するだろう。


関連記事