底辺の職業ランキングトップとは?
結論から言うと「梱包」だね。

遐よ凾險�, 縺ッ縺九↑縺�, 繝溘ラ繝ォ繧ッ繝ゥ繧ケ, 蠎戊セコ螻、, 遉セ莨夊。ー騾€, 譎る俣, 繧ッ繝ュ繝・け
【梱包という職種とは?】

職業別未婚率で、運輸とか清掃とかは男性の生涯未婚率は6割ぐらいなのだけれど、梱包という職種は8割をたたき出している。ではこの「梱包」とは何か。

梱包というのは引っ越し、設営、工場内ピッキングなどに送り込まれる派遣従業員のことだ。こいつらのレベルは低いよ。
底辺会社の従業員と言っても、週5なら週5で朝の8時には会社に行かなくてはならない。しかしこれすらもできない、正確に言うとできたりできなかったりするなんていう人の最後にたどり着く職種が梱包だ。

私は思うのだけれど、最近よく自分は発達障害っぽいから就職とかできない、起業して頑張りたいなんていう若者がいるけれど、あまりお勧めは出来ない。親が金持ちだとか、弁護士や会計士の資格を持っているとか、アンダーグラウンドの世界で生きていく才覚があるとか、というのなら別だけど、多少の発達障害なら我慢して就職した方がいい。給料は安いけど精神的にゆるい会社というのは結構あるよ。

引っ越し派遣の人材とはどのようなものか。以下の会話で世界観を感じてほしい。

「平井さん、今日は来てくれたんですか」
「そうなんだよ。呼ばれちゃったんだよ」

平井さんというのは引っ越し派遣人材の班長格の人。同じ場所に送り込まれた5人なら5人の派遣人材のまとめ役みたいな人。

「あれ? 今日はあの、いつもニコニコしているおじさん、来てないんですか」
「あいつなら捕まったよ」
「え?? 何をしたんですか」
「コンビニ強盗」
「なんすかコンビニ強盗って。なんでコンビニ強盗とかしちゃうんですか」
「mさん、簡単だよ。お金がない、コンビニがある、お金を盗る。簡単に考えるんだよ」

この引っ越し派遣職種ではグループを組むのが大事だという。一匹狼みたいになっちゃうと、とんでもない会社に単独連発で送り込まれたりするから。グループに入るためには目立たないようにするのがコツなんだって。
どうりでみんな死んだ目をしているはずだと思った。

この引っ越し派遣の値段の相場というのは、首都圏で会社側は派遣会社に一日一人16000円払って、派遣本人は一日8000円プラス交通費。

関連記事
底辺の仕事で働く人たち 【中産階級の知らない底辺世界紹介】