【貧困は社会の問題なのに、未婚は自己責任である理由】

結論から言うと、女性にも男を選ぶ権利があるわけだから、今の社会状況のままでモテナイ男に女性をあてがうことは出来ないからだ。
貧しい人を救うことは出来るけれども、結婚できない男を救うことは出来ない。


紙のボート, 紙, 2 つ折り, 中心部, 2 つの, 結婚する

【未婚による社会システムの変動】

こうなってしまうと、モテナイ男はかなり早い段階で、自分はたぶん結婚は出来ないだろうと悟ることになるだろう。このように悟られてしまうと、意欲的に労働しようという気持ちは減退してくるだろう。どうせ結婚できないのだから、無理して一人前のふりをする必要はない。出来ることを出来る範囲でやれは十分だ、ということになるだろう。

かつてこのようなやる気のなさというは排除されていたのだけれど、結婚できない男がある一定数を超えてくると、若年層において「無理な仕事はお断り」という雰囲気が生まれてくるだろう。下層労働者の50代以下年齢層では、すでにこの傾向が顕著だ。


未婚男性というが最後どうなるかというと、当たり前なのだけれど孤独死みたいなことになる。私の職場というのは社会の底辺みたいな感じのところで、50歳を過ぎても独身という男が昔から一定数いた。

小さい会社なのだけれど、この二十年の間に二人死んでいる。無断欠勤するから家に呼びに行ったら死んでいたというのが2回あった。どちらも独身のおじさんだった。

葬式とかはない。

兄弟という人が来て、骨を焼いて持ち帰るだけだよ。きわめてあっさりしたものであって、人が死んだら葬式をするというは、当たり前ではないというのを知った。

これは10年ぐらい前の話で、60才になって独身男というのは、当時まだ少なかった。これが現在生涯未婚率は25%、30%に向けて上昇中だという。

若いうちはいいんだよ。しかし、50、60になると親も死んでくるからね。

気楽に遊んでの独身で死ぬのだからしょうがないんじゃないの、なんて職場では話される。働いているから、そのつながりで死んで1週間程度で発見してもらえるけれど、本当にそれだけ。他にどうしようもない。 

男って女に比べて精神的に弱いから、高齢独身の孤独って、なかなか男には耐え難いのではないかと思う。

日本というのは助け合いの社会だったと思う。助け合いの社会の根底を支えていたのは皆婚制度だろう。結婚して子供を育てることで、個人は社会に貢献できるということをアピールする。社会もそれを受け入れて、個人に社会的立場を提供する。そんな循環があったと思う。

ところが現代において、皆婚制度は急速に崩れた。日本における皆婚制度の起源というのは室町時代末までさかのぼる。500年来の制度が崩れつつあるのだからこれは大変なこと。



関連記事