李煜とは、十国南唐(江南)の第3代(最後)の国主。 宋の趙匡胤がほとんど中国を統一しようかという時代。
この李煜の浪淘沙という詩がすばらしい。 内藤湖南によると、中国の中世と近代の境目は宋にあるという。

中国の近代なんて最近始まったのではないか、なんて思っている人も一定数いると思うけれど、中国をなめちゃいかんよ。内藤湖南の直感が正しいのなら、ヨーロッパより500年早く、中国では近代が始まっていることになる。

内藤湖南的に思い込めば、この浪淘沙(ろうとうさ)とは、中世と近代との境目に咲いた華だろう。


     浪淘沙

  簾外(れんがい)に雨 潺潺(せんせん)

簾外とは、すだれの外。潺潺とは、雨の静かにふるさま。 家の外では、雨がしとしと降っているんだね。

  春意 蘭珊(らんさん)たり
  羅衾(らきん)は耐えず五更(ごこう)の寒きに

羅衾とは、寝間着。五更とは、夜明け真近の時間。 春だと思って、薄着して寝たら、明け方意外に寒かったみたいな。

  夢裏に身は是れ客なるを知らずして
  一餉(しばし) 歓(よろこび)を貪(むさぼり)りぬ

明け方の夢うつつの中で、自分が囚われの身だということを忘れて、春らしくない春を春として喜んでいたという。

  独自(ひと)り欄(らん)にもたるること莫かれ

欄とは欄干の意味。 李煜とは南唐最後の王だった。目の前に宋という近代が迫っていた。 これは古い世界にしがみつくべきではなかたのではないか、という独白だろう。

  無限の江山
  別るる時は容易に見(まみ)ゆる時は難し

時代が移ろうとしているのに、山や川は無情にもそのままなんだよね。歴史は取り返しのつかないあり方で変わっていくという。

  流水 落花 春去れり
  天上と人間(じんかん)と

人間(じんかん)とは、人間世界の意味。 ヘーゲルは、
「かつて世界のあらゆる事物は、金色の糸によって天とつながれていた」
と語っていた。あらゆる物には魂が宿っているという世界観がかつて存在した。近代の味気ない言葉を使えば、アニミズムということになるだろう。 天と事物をつないでいた金色の糸が、まさに消えていくさま、
  流水 落花 春去れり 
そして、天と地とは懸絶してしまったんだな。
  天上と人間(じんかん)と

これ以上のリリシズムって、ちょっと考えられないと思う。







関連記事/ 
底辺会社の現実1 底辺会社の現実2 底辺会社の現実3 底辺会社の現実4
底辺会社の現実5 底辺会社の現実6 底辺会社の現実7.......底辺会社の現実ラスト



オモシロかったら楽天で何か買って
!
かに!カニ!蟹!<美味いカニの専門店> カニの浜海道