「十八史略」というのは、ウィキにもあるとおり、南宋の曾先之がまとめた「子供向け歴史読本」なんだよね。 
私も含めてなんだけれど、現代人というのは、漢文で中国史を読むなんていうことはほとんどなくて、漢文、その書き下し文の知識レベルというのは、昔の子供レベル以下だろう。 

そもそもの知識レベルが子供なんだから、「子供向け歴史読本」ほど読んで面白いものはないだろう。 以下、雑談みたいな感じで、ちょっと「十八史略」を読んでみたい。



amazon.co.jpで確認


「帝舜(ていしゅん)有虞氏(ゆうぐし)姚(よう)姓なり。あるいは曰く、名は重華(ちょうか)と」

秦の始皇帝というのは有名なのだけれど、その秦の前の統一王朝というのが周という。この成立が紀元前1100年ぐらいで、この周の前に殷という王朝があって、これは考古学的に実証されている。殷のまえに夏(か)という王朝があって、その初代の王である禹(う)に国をゆずったのが舜なんだよね。 はっきり言って伝説の部類だ。

聖王のなかの聖王。 

その聖王舜の姓が姚(よう)とうらしい。覚えておいて損はないっぽいよね。 

「瞽叟(こそう)の子にして、せんぎょく六世の孫なり。父、後妻に惑い少子象(しょう)を愛し、常に舜を殺そうと欲す」 

 瞽叟(こそう)というのが舜の父親で、象(しょう)というのが舜の弟なのだけれど、これはひどい親子だね。親子でグルになって、連れ子の舜を殺そうとするんだから。連れ子って言っても、瞽叟の連れ子なのに。とんでもない父親だろう。
弟もひどいよ。
「孟子」にあるのだけれど、舜が井戸掃除をしていたら、弟の象が、その井戸にふたをしちゃったというのだから、はっきり言ってマジで殺しにきてるよ。 

「舜、孝弟の道を尽くし、じょうじょうとして、修めて姦にいたらざらしむ」 

舜えらい。これはなかなかできない。殺そうとしてくる親子に孝弟の道を尽くすのだから。そうとうの瞬発力も必要だろう。 

「歴山に耕せば、民みなあぜをゆずり、雷沢に漁すれば、人みな居をゆずり、河浜に陶すれば、器、苦ゆせず」 

 器、苦ゆせずとは、器の出来の悪いものがない、という意味なのだけれど、苦ゆの「ゆ」が変換できないね。まあ、舜は、どこ行ってもみんなに愛されたみたいなことだろう。なかなかこうはいかないよね。  

「居るところ衆をなし、二年にして邑をなし、三年にして都をなす」 

舜が居るところ、こぞってみんなが集まってくるという。こうなると舜って、まったくただものではないだろう。     
と、こんな感じで、紙芝居を見る子供みたいに、「十八史略」を読めたら、それがまずもっての始まりだろうと思う。

関連記事/