ヘーゲルの「歴史哲学講義」のなかに、アフリカ中南部の描写がある。これがちょっと衝撃的なんだよね。

かつてアフリカからアメリカに、黒人がひどい扱いで奴隷として運ばれたというのはよく知られている。イギリスひどいみたいな、ネットの議論もある。 

しかしなぜアフリカの黒人は、あのような奴隷船に乗せられ、システマティックに運ばれていったのか不思議ではないだろうか。彼らにも親やふるさとがあっだろう、と普通は考える。

「歴史哲学講義」のなかでヘーゲルは、東から西に向かって文明が進歩していると語っている。中国が最低で、ヨーロッパが最高ということになる。現代日本人としては受け入れにくい論理なのだけれど、19世紀前半という時代背景を考えれば、ヨーロッパの無自覚差別主義者がそのように考えることはありえるだろう。ヘーゲルは中国について書いているのだけれど、これが当たらずとも遠からず、全くでたらめというわけでもない。19世紀前半において、はるか彼方の極東の国について、ある程度は知っているわけだ。  

アフリカは中国よりはるかにヨーロッパに近い。ヨーロッパとの関係性も深いから、勉強熱心なヘーゲルは、中国よりアフリカの方が詳しいだろうという合理的推論が成り立つ。  ヘーゲルのアフリカに対する評価というのはひどい。中国は歴史がある、だから言及する価値があるけれども、アフリカは歴史がないから言及する価値がないという。どのように言及する価値がないかということを、ヘーゲルは例をあげて言及しているのだけれど、これがひどいんだよ。    

「黒人はヨーロッパ人の奴隷にされアメリカに売られますが、アフリカ現地での運命の方がもっと悲惨だといえます」   

このように始まる。どのように悲惨か? 

「現地においてすでに、両親が子供を売ったり、反対に子供が両親を売ったりする」 

本当かよ? と思う。さらに 

「黒人の一夫多妻制は、しばしば子供をたくさんつくって、つぎつぎと奴隷に売り飛ばすという目的を持っていて、ロンドンの黒人がつぶやいたという、自分の親族全員を売ってしまったために貧乏になったという、素朴な嘆きは珍しいものではありません」  

これが本当だとするなら、おそらく本当だろうけれども、結局どういうことなのかって考える。
  
この世界って、無条件に与えられているわけではない。歴史がなければ、奴隷に売ったり売られたりして、それを当たり前だと思ってしまうという。その歴史も、当たり前に形成されるわけではなく、かつて何らかの、先人達のきっかけや努力みたいなものが存在していた結果なのであろう。 ヨーロッパ人は原罪という言葉を使うけれども、これを日本語で言えば、歴史に対して義理があるということになるだろう。

関連記事