正直、グロいところはもうちょっと削れないものかと思う。意味なくグロいのは勘弁。  あと、この映画を犯人当てミステリーと考えたなら、ちょっと力不足のところがある。中盤で、犯人、刑事、キャスター、自称真犯人、が集まるところがあって、そこで、犯人は犯人ではない、自称真犯人も犯人ではない、ということになった。  こうなると必然的に真犯人は誰だ? ということになる。 消去法を実行すると、犯人はキャスター仲村トオルではないかという推測がすぐに成り立つ。結果その通りだった。 そもそも登場人物が限られる2時間程度の映像で、犯人当てミステリーは厳しいと思う。  細かいところとなると、多くのの無理があるだろう。22年前、犯人は肩をピストルで撃たれたのに警察から逃げ切れたこと。年齢の設定の甘いことが気になりすぎること。藤原竜也が整形後であって、整形前と言葉も正確も変わりすぎていること。  以上のことに目をつぶって、この映画の本質だけを判断するなら、悪くはないと思う。犯人に殺された被害者の遺族がチームを組んで真犯人をあぶりだそう、というシナリオ自体は悪くない。さらに、刑事の妹が被害者の一人なんだけれど、この子はちょっとうつ病気味で、生きようとする意志が弱いみたいなところがある。殺される時も弱気なことを言って犯人をガッカリさせたらしいのだけれど、この被害者の兄と婚約者がタッグを組んで22年の時を越え犯人を追い詰めるほどの力を、この死んでいった生きる意志の弱い女性から得たという。  この部分には、映画としての整合性とその根拠が表現されている。  このあたりのところをもっと膨らましていけば、映画としてよりよかったと思うけれど。