休日は、私が家族の夕食をつくることになっている。 子供が四人いる。 長男21歳大学生、長女高2、次男小5、次女小2。こいつらと妻の分の夕食ということになる。  何でもつくっていいというわけではない。まず、子供が喜ぶようなものでなくてはならない。 あと、冷蔵庫の残り物をある程度消化しなくてはならない。今日は期限の切れそうな牛肉バラと、シンクに転がっているたまねぎ半分、あとキャベツ4分の1がノルマだ。 さらに簡単に出来るやつ、私も馬鹿げた暇人というわけではないから、夕食の準備に何時間も使うというのは勘弁して欲しい。出来るなら30分ぐらいをお願いしたい。  近所のスーパーに行く。今日は雨なんだよね。次男は妻と一緒にバスケの試合に遠征だ。長女は塾。長男はバイトかも。次女は私と一緒に留守番だ。 みんな雨に濡れて帰ってくるだろうから、今日は鍋がいい。永谷園の鍋ラーメンシリーズがスープも入っていて楽なんだよね。味が子供向けにアレンジしてあってちょうどいい。 鍋はあったまるよー。 具はね、ひき肉が安いから肉団子だね。 これにキャベツともやしと豆腐とこんにゃくを足せば十分でしょう。  鍋だけだと、5人分だから具材を2回転させなくてはならない。これがメンドクサイ。 あいつらには米を食べてもらわないと。 ということで、牛肉とたまねぎがあるから「牛丼」をつくりたい。しかし牛肉が150グラムぐらいしかない。だから卵で牛丼をとじるという増量作戦だ。卵を3個も入れれば、逆に子供は大喜びだろう。 牛丼卵とじのつくり方なんだけど、これは簡単。鍋に100ccぐらい水を入れる。すぐ火をつけて、たまねぎをざく切りにする。水が沸騰しているとかしていないとか関係なしに、ざく切りにしたたまねぎをぶっこむ。後、牛肉を入れて、牛肉の色が変わったら、砂糖適量、しょうゆ適量、みりん適量、入れて全体が沸騰したら、溶き卵3個分をまわしいれてふたをする。 これだけ。  調味料の適量というのは、自分が食べた時に適量だと思う量ということで、主観的な適量で十分だ。今回は子供がメインだから、砂糖は多めがいいだろう。  20分ぐらいで、したごしらえ見たいなものを終わらしたら、7時ごろみんなが帰ってきた。 鍋に野菜とラーメンをぶっこんで5分ぐらい煮込んで、その間に卵とじ牛丼を作って、「ごはんできたよー」ってみんなを呼ぶ。 なんだか、ワイワイ言いながら食べてるよ。