かるた競技をやる高校生の話だった。 かるた競技には5人の団体戦というものがあるらしく、「ちはやふる 前編」は、その団体戦の結果にいたる描写がメインだった。 かるた好きがそれぞれの力を生かして団体戦を勝ち抜くということが徹底されていて、映画全体の整合性という面では合格点だろう。気になるほどの無駄な描写というのもなかったと思う。 そして、その整合性の根拠というのが「百人一首かるた」であって、これは日本の伝統で、とりたてて根拠の説明というのは必要とされない。  トータルで、安心して観れる映画だということになるだろう。