戦争放棄という概念は、国家権力の縮小を希求するところのものだろう。 そもそも何故、国家というものが存在するのか、さらに言えば、現代において何故、国家なるものが地球を覆ってしまっているのか、ということにもなるだろう。 まあそうなると、話しのレベルが巨大になってしまう。   しかし、戦後日本の憲法9条の議論というのは、そういう巨大な話でもないだろう。おそらく、どうせ政権を取れないのだから国家権力は小さい方がいい、という万年野党情念に従って、憲法9条墨守というのが主張された部分もあるのではないかと思う。そう考えると、野党が政権をとったら、その政権内から9条改正という議論が出てくることは、十分予測できるだろう。  もしかしたら憲法9条とは、巨大な論理の上に立つ崇高な希望の一しずくだったかもしれないのだけれど、それをすくい取ることは出来ない感じだね。人間程度には無理なのかもしれない。