ニーチェの研究者の中で、ニーチェ哲学を「遊戯の哲学」といっている人がいるらしい。ニーチェ全集の解説に書いてあった。本の巻末についている解説とは、何故あんなにくだらないのか。しばしば唖然とする。  

ニーチェが「遊戯の哲学」だって、笑止。 

 関連記事