まず孟子の「浩然の気」の部分を私が訳してみる。 

「あえて問う。先生は何が勝っているのか。孟子は言う、私は言葉を知る。私はよく浩然の気を養う。あえて問う、浩然の気とは何か。孟子は答えて言う、その気とは、大きく強く正しい。これを損なうことなく育てれば、天と地との間に満つるほどになるだろう。その気とは正義とともにある。正義がなければ浩然の気もない。浩然の気とは正義とともにたち現れ、浩然の気だけ取り出すことは出来ない。私が、告子は正義を知らないというのは、告子が正義や浩然の気をそれぞれ取り出そうとするからだ。浩然の気を養うためには、心に正義を忘れてはダメだ、浩然の気のことだけを考えていたのではダメだ、宋国の人のようになってはダメだ。宋国の人に、苗が生長しないのを憂えて、苗を引っ張って伸ばそうとしたものがいた。茫々然として家に帰り、語りて言う、今日は疲れた。私は苗を助けて伸ばしたと。その息子は、いやな予感がして走って田んぼに行ってみると、苗は全て枯れていたという。ここは難しいところだ。浩然の気を養わないのは、田んぼの雑草を抜かないみたいなもので、浩然の気だけを養おうとするものは、宋国の人のようなものだ」 

書き下し文
敢えて問う、夫子惡くんか長ぜる、と。曰く、我言を知る。我善く吾が浩然の氣を養う
其の氣爲る、至大至剛なり。直きを以て養いて害うこと無きときは、則ち天地の閒に塞がる
其の氣爲る、義と道とに配す。是れ無きときは餒う
是れ集義の生[な]す所の者、義襲って之を取るに非ず。行って心に慊[こころよ]からざること有るときは、則ち餒う。我故に曰く、告子は未だ嘗て義を知らず。其の之を外にするを以てなり
必ず事有って正[あてて]すること勿かれ。心忘るること勿かれ。長ずることを助くること勿かれ。宋人の若く然すること無かれ。宋人其の苗の長ぜざることを閔[うれ]えて、之を揠 [ぬ]きんずる者有り。芒芒然として歸る。其の人に謂って曰く、今日病[つか]れぬ。予苗の長ずることを助けつ。其の子趨って往いて之を視れば、苗則ち槁[か]れぬ。天下の苗の長ずることを助けざる者寡なし。以て益無しと爲して之を舍つる者は、苗を耘 [くさぎ]らざる者なり。之が長ずることを助くる者は、苗を揠きんずる者なり。徒に益無きのみに非ずして、又之を害う


浩然の気とは、やる気とかテンションとかそのようなものだと思う。ではテンションをあげるにはどのようにすればいいか。お金が儲かるからテンションがあがるなんていうのは、「宋国の人」なわけだ。正義を実行しているという自覚のうちに浩然の気は大きくなる。

正義とは何かというと、ここちょっと難しいのだけれど、人間の性質は善だという確信によってこの世界の価値観を秩序付けることからたち現れる何かなんだ。孟子は性善説を基礎にこの世界を合理化しようとする。やってみれば分かるのだけれど、合理化されつつある世界というのは、すごくテンションがあがる。やる気が出るんだよね。しかしこの合理化の理由というのが、利益のためとかいうのではこのテンションも長続きしない。  

功利主義程度では世界は傾けられない。しかし合理化の理由というのが、人々の善を解放するためだとしたら? このロマン、この手ごたえ。  

幕末の志士や昭和初期の動乱に参加した人たち。彼らはなぜあんなに熱くなっていたのか、不思議だと思わないか。私たちと同じ日本人なんだよ。結局、何らかの正義感によって浩然の気がまさに「天地に満ちた」からだろうと思う。では彼らの正義感はどこから来たのか。自らの利益のためか? そんなことは考えられない。日本や日本人の善を救おうという正義感からだろう。

幕末や昭和初期をを否定する人は、その正義感がうざいということなのだろうけど、そんなこと言わないで。善意に悪意で答えるのは可能ではあるけれども、いいことではないと思う。  

明らかに近代日本において孟子は生きていた。浩然の気はまさに「天地の間に満つ」だった。

関連記事