家族旅行で湯河原に行った帰りに、徳富蘇峰記念館に行って来た。
私と妻と子供四人で家族旅行。
子供が温泉に行って楽しいのかどうか怪しいと思うのだけれど。

そして湯河原から東海道線で帰る途中の二宮という駅で降りて、徳富蘇峰記念館まで徒歩。

徳富蘇峰記念館は東海道線二宮駅から15分ぐらいだった。まずその記念館の入り口には鍵がかかっている。横に張り紙があって、当館にごようの方はこの呼びだしボタンを押してください、みたいなことが書いてある。

まずもってよっぽど客が来ないのだろうと推察される。

実際に入館して、係員の女性の人が徳富蘇峰の履歴という10分ほどのスライドビデオを写してくれた。私は興味深く見たのだが、高校1年の娘はこの時点で机に突っ伏して寝てしまった。

係員の女性に、
                                                   「ごめんなさいね、私は徳富蘇峰にすごく興味があるのですが、他のやつらは蘇峰の名前も知らないんですよ」

というと、ニコニコ笑いながらうなずいていた。
蘇峰に興味のあるやつが1人でもいればありがたいぐらいのことなわけだろう。

ビデオを見終わった後、二階の展示室に行くと、蘇峰が保管していた明治大正の有名人の書簡が陳列されていた。伊藤博文とか新島襄とか勝海舟とか原敬もあったね。その後一階に下りて、蘇峰の蔵書を見て、これで1時間くらいか。

その1時間の間に私たち以外のお客さんは誰も来なかった。

帰る前に係員の女性の方とちょっと喋った。
彼女が言うには、最近のNHKの大河ドラマの八重の桜で蘇峰が登場している、という。これは蘇峰関係者にとっては画期的なことらしい。

私が蘇峰の「終戦後日記」について話すと、彼女もそれを読んでいて、この女性はただの係員ではないと判明する。彼女によると蘇峰の本はほとんどが絶版で、それを手に入れようとするなら古本屋しかないということだ。

私が、蘇峰はそろそろ再評価されてもいいのではないかというと、彼女は、蘇峰自身は500年後に再評価されるだろうと言い残していましたからあと440年ですね、と寂しそうに笑っていた。
                                                      蘇峰関連の文献を借りに来る研究者はかなり存在するらしい。そこで彼女に、この「終戦後日記」の内容を実証的に検証しようなんていう研究者は存在するかと聞いてみたら、全く存在しないということだった。蘇峰はA級戦犯ということで、研究者の評価が極めて低いという。

日本の大学は何をやっているのか。こんなことをいうのはなんなのだけれど、近代日本の研究者はまったく馬鹿の集まりだろう。

高1の娘はまだ寝ている様子なので、これを起こして徳富蘇峰記念館を後にした。                   

徳富蘇峰はほとんど忘れ去られた存在だといってもそう事実と違うというわけではないということだろう。