ヴィレッジバンガードが先週の木曜日に優待の改悪を発表したので、金曜の寄り付きで優待目的で所有していた100株を投売りしました。ストップ安水準でした。

優待金券の利用条件が、「条件なし」から「2000円ごとに1000円割引」になりました。私はヴィレバンを2年以上保有しているので12000円分の割引券になるのですが、正直ヴィレバンで24000円以上の商品を12000円以上の現金を出して買うというのはほとんど無理だろうという判断に瞬時にいたりました。

別にヴィレッジバンガードに対して怒りがこみ上げるとかはないです。4年ぐらい前か、ヴィレバンが太っ腹優待を発表した後に、ヴィレバン偵察みたいなことをしたことがあって、
「へー、こんな奇妙なお店があるんだー」
なんて感心した記憶があります。
あと、貰った優待券は高校生の息子に全部渡して、年1回のヴィレバンお宝発掘セールに毎年押し込みました。子供の社会見学みたいなことにも役に立ったのではないかと思います。ヴィレバンお宝発掘セールというのは土日の2日間やるのですが、
「オヤジさー、お宝発掘セールって日曜日行くと売れ残りばっかりなんだよね。ああいうのは土曜日に行ったほうがいいよ」
みたいな話を反抗期の息子からボソッと聞くことが出来るわけです。

ヴィレッジバンガードについて言えば、現金で何千円か損したとしても、思い出や教育という観点も含めると明らかにプラスだったと思います。ヴィレッジバンガードの業績は厳しいのでしょう。優待にまで切り込むのですから、べつに決算を詳細に分析する必要もないでしょう。結果は明らかですから。

またこんな楽しい銘柄にめぐり合えたらなと思います。