この本を読む限り、入江隆則という人物は日本保守論客の最高峰だろう。
「敗者の戦後」という本は、あの太平洋戦争の戦前戦後をナポレオン戦争と第一次大戦のドイツと比べようというもの。そして保守の立場から太平洋戦争を冷静に判断しようとしている。

この本は、視野の広さ、論理の切れ味、精神の謙虚さ、思想の意外性、どれをとってもすばらしい。私は個人的には左より、すなわちリベラルだけれども、リベラルはこのような尊敬できる保守とこそ議論しなくてはいけないと思う。

保守の基盤というのは結局エリートの矜持ということだと思う。それに対してリベラルの基盤というのは、全ての人間が救われるべきだという信念だ。それを考えると民主党とか民進党?とかというのは本当にダメ。労働組合を基盤としていて大企業の正社員優遇が明らかだ。大企業の正社員がエリート意識を持ってがんばるというのでは、これは政治的に保守だろう。そもそも戦後の革新政党なるものはエリート意識丸出しで論理的に破綻していた。民主党に比べて安倍政権は優秀だ。総力戦という言葉を使う。総力戦とか総動員体制というのはそもそも戦前の革新官僚の言葉だ。総力戦思想は、全ての人間が救われるべきだというリベラルの精神を完全に含んでいる。民進党は終わりだろう。存在成立のための論理の基盤がない。二大政党が成立するとなれば、総力戦を掲げる安部政権の右側ということになるだろう。