私は、金融資産の約半分、1300万ほど優待銘柄に突っ込んでいます。銘柄数は、数えてみたら49でした。

こうなってくると、優待銘柄で利益を上げるというのは、ほとんどムリ。49の銘柄を常時監視するということは、時間的に出来ないです。買って、そして放置です。

でもそれでいいのではないでしょうか。優待が届けば、その会社の展開している店舗に足を運んで、結果として、自分の世界が広がるわけですから、それで十分です。

マッタリゆっくり、それが株主優待です。




クリック証券(CM)