明治維新から太平洋戦争時の総動員体制までの歴史の流れというのは、国家が天皇制という形式の元に国民のエネルギーというものを出来るだけ吸い上げようとするものだったと思います。国家の手は一般の民衆にまで及んできました。

ここでいう民衆とはなんなのでしょうか。マスメディアではよく「庶民」という言葉を使いますよね。民衆とか庶民とかというものは漠然とした言葉であって、私なりに定義しなおするなら「都市部下層民」「ブルーカラー」ということになると思います。

ブルーカラーとはどのような人たちか知っていますか? 

昔魚屋だったという職場のおじいさんから聞いた話です。そのおじいさんの名前を仮に中島さんとしておきましょう。昭和60年ごろ中島さんは川崎小杉近くの魚屋で働いていました。魚屋のある同じ建屋に肉屋と八百屋も入っていて、当時このような形式の集合店舗を「ストアー」と呼んでいました。
小杉のストアーに入っていた肉屋は夫婦2人でやっていました。2人とも当時45歳くらいで、旦那はハゲ、奥さんはブス、中島さんが言うには、その奥さん、山田邦子を太らせたような感じだったそうです。その当時、周りには大きなスーパーが出来始めていて、ストアーの売り上げは落ち始めます。肉屋もそう。収入を補おうと、奥さんはスナックを始めます。中島さんも付き合いで、肉屋の奥さんが始めたスナックに何回か行ったそうです。すなわち肉屋の奥さんは、昼間はスッピンで肉屋を、夜は厚化粧をしてスナックを、です。
肉屋の旦那は、自分の奥さんに男が出来るのではないかと心配で、毎日奥さんのスナックに行って奥さんを監視するのです。
カツラをかぶって。
繰り返しますけど、その奥さんというのは45歳位で山田邦子を太らせたようなブスですよ。
中島さんはおかしくてしょうがないわけです。昼間は汗だくになって肉屋で働いている夫婦が、夜は、ブスの奥さんはスナックで厚化粧のママ、ハゲの旦那はカツラをかぶってカウンターの隅で奥さんの監視ですから。
結局、その夫婦はどうなったのかというと、なんとその奥さんに男が出来て離婚する事になったらしいです。

私は、この肉屋の夫婦を馬鹿にするつもりなんか全くなくて、逆に生活に対する貪欲さというものに感心します。

明治維新以降、日本という国家体制は、このようなブルーカラー的エネルギーを徐々に内側に抱え込む事により巨大化したのでしょう。巨大化しなければ、当時帝国主義と呼ばれていた近代世界システムの不条理の中で、日本は生き残っていく事が出来なかったのですから。
日本が具体的にどのようにして国家システムを巨大化させたのかというのは、私が「近代天皇像の形成」の1章から8章まで紹介してきたとおりです。