コクヨの優待が今日、到着しました。

写真とか撮って丁寧にアップしたいところなんですが、夕方帰宅してみると、コクヨの優待は子供達に荒らされたあとで、優待の残骸みたいのしか残っていませんでした。

残っていたものは、
 
  善太郎伝

なるコクヨ創業者黒田善太郎という人物の伝記マンガ本だけでした。
コクヨは創業110年なんですね。日本の知性を底辺で支える企業として、日本という国が続く限り存在し続けて欲しい企業です。
コクヨの優待の内容は、その残骸から判断する限り、ノート、リップのり、セロテープ、はさみ、蛍光ペン、そんな感じだと思います。断言は出来ないのですが。