魯迅の「狂人日記」は、主人公が美しい月を見ることによって狂い始めるところから始まります。

「狂人日記」の冒頭。

「今夜は大層、月の色がいい。
俺は三十年あまりも月を見ずにいたんだが、今夜見ると気分が殊ことの外ほかサッパリして、前の三十何年間は全く夢中であったことを初めて知った」

これまでの人生が夢の中であり、月を見た後のサッパリした自分が正常であると考えてしまったのですが、周りの人から見るとこれが逆で、主人公は美しい月を見た後に狂気に取りつかれはじめます。

美しい月を見て狂気に沈むというのは近代文学の一つのテーマで、スティーブンソンの「ジキル博士とハイド氏」などはあからさまなのですが、梶井基次郎の「Kの昇天」とか、鬼束ちひろ「月光」の歌詞とか、月に照らされ狂気に沈む人を表現している感じです。



なぜ月に照らされると狂気に沈むのか? 


例えば自分が正しいと思って行動したのに他人に批判された場合、不安になったりすることは誰にでもあることでしょう。このような時には信頼できる人に相談するというのが安定感のある対処法でしょう。自分と世界との折り合いを再調整するというやり方です。

そして狂気とは何か?

再調整のような折り合いをすべて拒否して、世界が間違っていて自分が正しいと考えてしまい、さらに自分が正しいと確信した観念で世界を整合的に説明しようとすること。

狂気と正気の区別が難しいのは、ごくまれに世界が間違っていて個人が正しいということがあり得るということです。
例えば、高杉晋作は農民が戦う奇兵隊という、当時の武士にしてみれば狂気の戦法を編み出したのですが、実際には上級武士よりも勤労農民のほうが戦う気概にあふれているという新しい世界が立ち現れました。

世界が間違っていて高杉晋作個人が正しいということがあり得るのです。

光に照らされて、人は正しい世界に目覚めるということはありえます。

近代の歴史とはまさにそれ。

人は強い光を浴びて、人間は動物とは異なるということを確信する。
人は強い光を浴びて、人間は進歩する世界に存在していることを確信する。
人は強い光を浴びて、人間は自分が自分であるということを確信する。

ここで魯迅の「狂人日記」に戻るのですが、

「狂人日記」の語り手は、月の光という弱い光を浴びて、人間は人間を食べるということを確信します。

「狂人日記」の語り手にとって、自分では理解できないようなことが次々に起こります。

趙家の犬めが何だって奇怪な眼で俺を見る。
往来の人は皆、どれもこれも頭や耳をくっつけて俺の噂をしている。俺に見られるのを恐れている、そんな風だ。
きのう往来で逢った気狂い女にじっと見詰められて「わたしゃお前に二つ三つ咬かみついてやらなければ気が済まない」と言われた。

自分にとって理解できない出来事が次々起こってしまうのは、自分が世界の根拠を形作っているような根拠を理解していないからというという場所に導かれていきます、
月の光によって。

強い光なら人を正しい場所に導いてくれもするでしょうが、なんせ導くのは月の光ですから。

弱い光に導かれた「狂人日記」の主人公は、人が自分を食べようとしているというカニバリズムの論理を確信してしまいます。

人が人を食べるというのは本にも書かれているという。

「易牙(えきが)が彼の子供を蒸して桀紂(けつちゅう)に食わせたのはずっと昔のことで誰だってよくわからぬが、天地が開かれて以来、ずっと易牙の時代まで子供を食い続け、易牙の子からずっと狼村で捕まった男までずっと食い続けて来たのかもしれない。去年も城内で犯人が殺されると、肺病病みの人が彼の血を饅頭にひたして食った」

まず、易牙(えきが)というのは春秋時代の斉という国の桓公という王様の料理人で、自分の子供を蒸して食通の桓公に差し出したという中国史上最大のごますりやです。
桀紂(けつちゅう)の桀とは夏の暴君、紂とは殷の暴君です。
易牙(えきが)と桀紂(けつちゅう)は全然時代が異なります。

月の光の下で、強い光の中で書かれた歴史が混濁しています。

世界には秘密があって、その秘密を理解していないことが自分が世界を理解できない理由であり、世界が自分に隠している秘密とは、
「人が人を食べている」
という確信になります。

五歳で死んだ妹も、人に食べられるためだったということになってしまいます。

「あの時妹はようやく五歳になったばかり、そのいじらしい可愛らしい様子は今も眼の前にある。兄がが家政のキリモリしていた時に、ちょうど妹が死んだ。彼はそっとお菜の中に交ぜて、わたしどもに食わせた事がないとも限らん」

狂人は狂った確信を捨てることができません。狂っているとはいえ、その確信こそが自らの生存の根拠となっていますから。

魯迅の「狂人日記」が書かれたのは1918年です。清王朝が倒れて、中国が近代というものに飛び込もうかという時代です。新時代に飛び込んだ後に中国を待つものは、新世界であるのか狂気であるのかを、この「狂人日記」で魯迅は問うているのだろう思います。

「狂人日記」はこのように終わります。

「人を食わずにいる子供は、あるいはいるかもしれない。救え。子供を救え」

魯迅は、さすが中国近代文学の元祖だけあって、並みの作家とは迫力が桁違いですね。