忘れられた日本人」の本の中に、土佐の山奥に住む乞食の老人にインタビューしたものがあります。
これがすばらしいのです。
どうすばらしいのかというと、女を語らせたら川端康成より上、告白させたら太宰治より上、というものです。文学的に見ても出来がいいので、このインタビューは宮本常一の創作ではないのか、という噂があったぐらいです。

これを原文を交えて紹介していきましょう。太字は原文です。

この老人のインタビューは文庫本で30ページ、全編老人の独白形式になっています。
独白の時間は昭和30年くらいでしょうか。高知の山奥、四万十川に架かる橋の下に80を越えた乞食で盲目の老人は、60年連れ添っている老婆とともにみすぼらしい小屋に住んでいるのです。
この盲目で乞食の老人にも、もちろん若い時代はありました。生まれは伊予の喜多郡。土佐との国境に近いところです。ててなしごとして生まれ、村の枠組みからこぼれ落ちて、15の時から「ばくろう」の見習いとして働き始めます。「ばくろう」とは西日本においては牛を売り買いする職業を指します。ポジション的には農民の下、盗人の上ということらしいです。二十歳のころばくろうの親方が殺されて、この老人は二十歳にしてばくろうとして独り立ちするのです。明治35年ですね。殺された親方には妾がいたのですが、その妾はこの老人が引き継いだのです。妾には12才の娘がいて、二十歳のころの老人はこの娘と出来てしまうのです。

おっかあのねている間にものにしてしもうた。それからわしは娘をつれてにげた。雪のふる山をこえてはじめて伊予からここまできた
わしも一人前の人間になりたいとおもうた。

紙の原料になる木の売買をして3年ほど暮らしました。しかしその木を管理する役人の嫁さんに惚れてしまうのです。職業柄、その役人の家に出入りするようになるのです。

その嫁さんがええひとじゃった。眉の濃い、黒い目の大けえ、鼻筋の通った、気のやわらかな人でのお。

ドキドキしてきますね。

それでも相手は身分のある人じゃし、わしなんどにゆるす人ではないと思うとったが、つい手がふれたときに、わしが手をにぎったらふりはなしもしなかった。

秋じゃったのう。

この後、山の中腹にあるお堂の中であいびきをするのです。

「わしのようなもののいうことをどうしてきく気になりなさったか」
「あんたは心の優しいええ人じゃ、女はこういうものが一番ほしいんじゃ」

このあと何回かあいびきをしたのですが、老人は相手に迷惑がかかってはまずいと思い、一人で伊予に戻ったのだそうです。



続きはまた明日書きます。

つづき 
土佐源治 後半

忘れられた日本人 (岩波文庫)

新品価格
¥864から
(2019/3/11 08:09時点)